search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ジャニーズ山Pの売り出しに必死な辣腕女史

ジャニーズ山Pの売り出しに必死な辣腕女史

 山下智久が司会を務めた『ジェネレーション天国』(フジテレビ)が3月で終了。彼の去就にテレビ界が戦々恐々としている。

 昨年1月にスタートし、山下にとっては初のバラエティ番組での司会だった。ただ、もう一人の司会である今田耕司がほとんどといっていいほど番組を切り盛り。あるテレビ局関係者は「山下は添え物」といった程度だった。「山下をマネジメントしている飯島女史が彼を何とかしたいという思いでねじ込んだんです。収録には可能な限り顔を出していたし、番組スタッフにも『彼を面白くしてあげて』と頭を下げていた。ただ、その甲斐はまったくなかったかもね。山下の添え物状態は最初から最後までまったく変わらなかったですからね」。

 持っているキャラとバラエティは合わないというのが分かった事例だったかもしれないが、飯島女史の「山下を何とかしないといけない」というのは切羽詰ったもの。「飯島さんが悪いわけじゃないけど、マネジメントしていた赤西仁がジャニーズを辞めちゃったっていうのは大きい。結構、必死に売り込みかけてたからね。その赤西がいなくなれば、当然、山下を何とかしてというアプローチはテレビ局に強くなりますよ。何とか番組を作れないかと懇意のプロデューサー陣へのプレッシャーはすごいですよ」と同関係者。

 飯島女史が抱えているタレントはSMAP、 Kis-My-Ft2など、数多い。テレビマンにとっても無碍にはできないのだが、山下がバラエティー向きではないのは先刻承知のこと。「使って視聴率が上がるタレントなら喜んで引き受けるでしょうが、明らかに逆張り。うちに来ないでくれと、頭を抱えているプロデューサーは多いですよ」と同関係者。ドラマが頭打ち、バラエティーは不向き。山下をどう売り出していくのか手腕が見ものだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ