エル・デスペラードと高橋ヒロムが後楽園を揺るがす大激闘!新日本スーパーJr.

スポーツ 2018年05月23日 21時20分

エル・デスペラードと高橋ヒロムが後楽園を揺るがす大激闘!新日本スーパーJr.エル・デスペラード

新日本プロレス
『ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア25』
▽22日 後楽園ホール 観衆 1,720人(満員)

「俺のほうがヒロムより強かった!」

 Bブロック公式戦2戦目が行われたこの日、最後にマイクを握って締めたのは高橋ヒロムとの大激戦を制したエル・デスペラードだった。

 ヒロムの奇襲から始まったこの試合、序盤の闘いの場は主に場外だった。ヒロムはデスペラードを南側の観客席まで連れ出すと、南側の真ん中にある長い通路を全力疾走し、低空のドロップキックを放った。これを受けたデスペラードは豪快に吹っ飛び、場内は割れんばかりの大ヒロムコール。デスペラードのマスクを掴みながら、リングに戻りマスク剥ぎなど戦前にヒロムが挑発していた「正体暴き」の実践を試みた。

 しかし、一瞬の隙を突いて形勢が逆転。今度はデスペラードがヒロムを場外に落とすことに成功すると、ノータッチトペコンヒーローをすさまじいスピードで決めてみせた。さらにデスペラードはヒロムを北側に連れ、客席を仕切る鉄製の柵に投げ付けると、記者席のテーブルに打ち付け、パイプ椅子で殴打。この当たりは非常に強く、客席からは悲鳴にも似た声が聞こえた。

 リングに戻ってからはハイレベルな攻防も見られたが、とにかく両者の打撃は力強かった。ヒロムのテクニックに対して、デスペラードがラフ殺法でかわす場面ひとつ取っても、それは苦しまぎれから出したものではない。ヒロムを痛めつけるために出したと分かるものだった。

 そんな2人の闘いに後楽園のファンが熱狂しないわけがない。耳をつんざくほどのヒロムコールとデスペコールが、試合が終わるまで響き続けた。ここ数年のジュニアの日本人対決では一番の盛り上がりと言っても過言ではないだろう。

 最後は、レフェリーの隙を突き、デスペラードがヒロムの急所を殴打。そして必殺のギターラ・デ・アンヘルを放った!ヒロムが奇跡的に返したのに対し、ここが勝機と見たデスペラードは瀕死のヒロムにトドメとばかりにピンチェ・ロコを決め、勝利を収めた。最後の最後で2人のキャリアと経験の差を見たような気がした。デスペラードはドラゴン・リーとともに2連勝。

 試合後、デスペラードはマイクを握り「答え合わせしてやってもいいぞ!お前、(正体が)分かるっつっただろ?じゃあ、もう隠したってもう意味ねぇもんな」。そう言うと自らのマスクに手をかけた。

 しかし…「んなワケねぇだろ!いつもいつも自分たちのハッピーエンドになると思うなよ。これが現実だ」とデスペラードは言い放ち、倒れたままのヒロムと観客を挑発した。

 若手に抱えられながらインタビュールームに現れたヒロムは「変わんねぇな」とだけ残して控室に戻った。2人の物語はここから本編に突入するのかもしれない。

 しかし終盤、お互いに気力でエルボーを打ち合っていく姿には心を打たれた。かつて獣神サンダー・ライガーや、ワイルド・ペガサスが見せてきたスーパージュニアの世界を感じることができたのは、第1回から見ている者にとっては大きな喜びである。

取材・文 / どら増田
写真 / 垪和さえ

ピックアップ
スポーツ新着記事

「ザ・グレート・カブキ」全米を震撼させた“東洋の神秘”
2018年11月13日 22時03分

今年で18年目のプロ野球トライアウト 各球団の獲得人数は?
2018年11月13日 17時45分

ウラ巨人の星 ★松井秀喜が巨人監督「2年後内諾」
2018年11月13日 17時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る