search
とじる
トップ > 社会 > 山梨の女性教諭が生徒のテスト結果を持ち出し自分の子どもに見せる

山梨の女性教諭が生徒のテスト結果を持ち出し自分の子どもに見せる

 なんとも、おバカな教師がいたものである。

 山梨県の中央市教育委員会は11月12日、市立玉穂中学校に勤務する50代の女性教諭が、職員室のパソコンで管理されている生徒約130人分のテスト結果を持ち出して、自宅で同級生の自分の子どもに見せていたことを明らかにした。

 市教委によると、外部に持ち出されたのは、同じ学年の全生徒の1学期中間、同期末、2学期中間試験の最大7科目のテストの結果と氏名が記載された一覧表。

 教諭は自宅居間の机の引き出しに資料を保管していたが、子どもがそれをデータ化し、メール送信するなどして、生徒8人に流出した。そのうちの1人の生徒が担任に相談し、テスト結果が流出していたことが判明した。

 資料はシュレッダーで処分したため、教諭は他の生徒に情報が漏れていたことを知らなかったという。

 教諭は市教委の聞き取りに対し、「(自分の子どもの)生活態度や学習状況が心配で、指導するためだった。取り返しのつかないことをした」と話している。

 市教委の笹本昇教育長は「生徒や保護者に多大なご心配とご迷惑をかけ、誠に申し訳ありません」と陳謝した。

 私的な目的で個人情報を無断で持ち出したことは問題だとして、市教委は教諭への処分を検討している。「流出データは全て消去した」と説明したが、すでに流出してしまったものを、なかったことにはできない。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ