search
とじる
トップ > 芸能ネタ > ドリフターズ時代の営業は1500万 志村けんは加入時で月収50万

ドリフターズ時代の営業は1500万 志村けんは加入時で月収50万

 8日放送のフジテレビ「ダウンタウンなうSP」(19時00分〜)に、志村けんが出演。ダウンタウン、俳優の坂上忍とトークを展開した。

 番組中にドリフターズのリーダーである、いかりや長介と「仲は良かったのか」という話題になると志村は、「最初のうちは仲が良かったですよ」と答えるも、「誰かに文句言われそうだな…」と言いながら。志村が語るには、所属事務所から独立するまでは、仲が良かったものの、独立してから関係が変化していったと説明。そんな志村に、ダウンタウンの松本人志が、「単純に金ってことですね」とツッコむと笑ってた。

 また坂上忍からドリフターズ時代の給料を聞かれると、「僕が24歳(1974年)で(ドリフターズ)に入った時にゲイジュー(月50万)ですかね」と告白。その後、東村山音頭などで、志村自身がブレイクを果たすと、「それは(給料も)上がりますよね」と語った。
 また、ドリフターズの営業で1回1500万であったとも告白し、「それを聞いたら、“俺たち何ももらってねーじゃん”となったんだよね」とも語った。

【訂正】20日放送とありましたが、8日放送の間違えです、訂正してお詫びします。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ