嵐の活動休止会見、好感度上げたメンバー・下げたメンバーは? 批判は一人に集中

芸能ニュース 2019年01月28日 12時00分

嵐の活動休止会見、好感度上げたメンバー・下げたメンバーは? 批判は一人に集中画像はイメージです

 27日、国民的アイドルグループ・嵐が2020年いっぱいで活動を休止することを発表した。同日には都内で会見が開かれ、活動休止に至った経緯やメンバーの心境などが明らかになった。

 これまでジャニーズグループの解散やメンバーの脱退など、黒のスーツ姿で行われることが多かったものの、この日の会見で嵐が身に着けていたのはラフな洋服。会見では“不仲説”を徹底的に否定し、雰囲気の良い中で行われたが、その中でも株を上げたメンバーと下げたメンバーがいるという。

 「会見では大野智から『活動を終える』ことを切り出し、話し合いの結果、活動休止になったことが明らかになったということで、『大野さんが悪者にされる可能性もある。自分の中で区切りつけたかったことってないんでしょうか』という質問も飛び出しましたが、これに対し、二宮和也は『僕はなかったです』と即答。『リーダーのせいでこうなったとは、同じぐらいゼロに感じています』とごく自然に大野を立てながら答えていました。

 また、松本潤も今後嵐としてしたい仕事を聞かれた際、『コンサートツアーと同時に20周年やってきたことをお祝いできるみんなで楽しめるイベントみたいなのもやりたい』と言い、20周年のベストアルバムや、ビデオ・クリップのリリースなどの展望を具体的に話すなど、ファンの期待に応えようとする姿勢が印象的。ネットからは、『年下ふたりがすごい冷静』『ふたりともフォロー上手いな』『ファンファーストって感じが伝わってくる』といった絶賛の声が集まっていました」(芸能ライター)

 しかし一方で、その対応で不信感を買ってしまったメンバーもいるという。

 「記者から『お疲れ様でしたという声もある一方で、無責任じゃないかという指摘もあると思う』といった質問が飛び出した時、櫻井翔があからさまに苛ついた態度を出し、『我々からの誠意は、およそ2年近くの期間をかけて感謝の想いを伝えていく期間を設定した、これは我々の誠意です』と回答しました。ファンからは質問をした記者を責める声と櫻井の対応を称賛する声も上がっていますが、ネットからは『めっちゃキレてるじゃん』『ヤンキーっぽいわ…』といった否定的な声も。ファン以外には悪印象を残してしまったようです」(同)

 また、「(活動休止の提案を)初めてリーダーから聞いた時はひっくり返りましたね」と言って場を和ませたり、「シングル曲が現在何曲あるか」と話を振られた際に、「56」と即答する一幕が印象的だった相葉雅紀に対しては、「いつでもほんわかしてて癒された」「とにかく相葉くんの癒しオーラが半端なかった」といった声が集まっていた。

 賛否両論集めた嵐の会見。今後も芸能界にさらなる衝撃が広がっていくことは間違いないだろう。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る