search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 引責辞任発表もありそうな吉本の社長会見

引責辞任発表もありそうな吉本の社長会見

 反社会的勢力の会合に出席して金銭を授受したとして吉本興業から契約を解除された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)と20日に記者会見したことを受け、吉本興業の岡本昭彦社長(53)が21日、記者会見を22日に開くことが発表された。

 岡本社長はフジテレビ系「ワイドナショー」にVTR出演。「この度は弊社の問題につきまして大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません」などと謝罪。

 続けて、「昨日のような会見をタレントにさせてしまったことを大変心苦しく思っており、つきましては明日、私の方から会見を開かせていただいて、ご説明させていただければと思います」と話した。

 この日、同番組は急きょ生放送となり、吉本に所属するダウンタウンの松本人志(55)らが出演。松本は本社で上層部と会談したことを明かし、会社には「岡本社長に会見をさせなさい。絶対にだめ。そうしないとこの会社はダメ」と伝えたという。

 また松本は大崎洋会長(65)と面談した際、大崎会長からは「これ以上問題が大きくなるなら進退を考えないと」という言葉があったことを明かした。

 その言葉を受け、松本は「でもそれは全力で止めました。大崎さんがいなくなったら僕は辞めます。うちの兄貴なんでね。いなくなったら僕は辞めますね」とつぶやいた。

 「現在の吉本は大崎会長が“院政”を敷き、その子飼いのダウンタウンがタレントの頂点に立つ体制。大崎会長が辞任してしまったら、その体制が崩壊してしまうので、松本としてはなんとか阻止したいところ。その点、岡本社長は元ダウンタウンのマネジャーで松本よりも立場は下。岡本社長に責任を取らせて辞任させ、今回の騒動を収束させることが濃厚だと言われている」(週刊誌記者)

 今後は事実上、“松本支配体制”に移行しそうだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ