search
とじる
トップ > 芸能ネタ > ザキヤマの出演が減ったのは“有能”なせい? 「うるさい」はイメージ、実は汎用性の高い実力

ザキヤマの出演が減ったのは“有能”なせい? 「うるさい」はイメージ、実は汎用性の高い実力

pic pic

アンタッチャブル・山崎弘也

 『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)や『スクール革命!』(日本テレビ系)などで活躍中のアンタッチャブル・山崎弘也。ひな壇から発せられる彼のガヤは笑いを生み出し、時には番組をかき乱すこともある。

 『アメトーーク!』や『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)などでは、MCの雨上がり決死隊(宮迫博之、蛍原徹)、ロンドンブーツ1号2号・田村淳らから、彼が出演することで「収録が長くなる」、「面白いけど邪魔」などと注意を受けることがある。

 山崎は柴田英嗣とアンタッチャブルを結成したデビュー当時、憧れていたダウンタウン・松本人志に倣って寡黙でスナイパーのように、「ここぞ」の時に笑いを取るような芸人だった。しかし、くりぃむしちゅー・有田哲平ら先輩芸人らと絡むようになってから、どんな時でも無茶ブリを受けるようになり、現在のような芸風に覚醒したという。

 「ネットでも、彼が暴走する際には、芸人のイジリに感化されて『うるさい』や『ザキヤマいる?』と厳しい声を浴びせる人もいます。しかし、彼は自分の役目をまっとうしているだけ。芸歴を重ねて様々な役割を与えられるようになり、それぞれの場所でしっかり仕事をこなしているのです。実は、彼はユーティリティープレイヤーで番組としても使いやすい。どんな場所でも結果を出しています。ひな壇はもちろん、少人数のロケでも、あえて暴走を抑えて一発で笑いを仕留めることも多くなりました。何かをプレゼンをする際には、番組の流れを考えて、MCやゲストに華を持たせて自分は死に役になっています。番組に芸人が少ない時には、いわゆる裏回しをして進行を円滑に進める時もあるんですよそうした汎用性が裏目に出ているのか、良い部分が失われつつあり、最近ではレギュラー番組も減ってきています。ネットでも『見かけなくなった』という声があるほどなんですよ」(芸能ライター)

 ひな壇で強烈なインパクトを残したがゆえに「邪魔」というイメージがつきまとうが、
じつは番組に必要不可欠な存在を担っている山崎。こうした彼の功績が視聴者に伝わる
ようになれば、さらなるブレイクも期待できることだろう。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ