search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 音楽ビジネスからの撤退? ガッキーの事務所、続々とアイドルグループが解散・休止

音楽ビジネスからの撤退? ガッキーの事務所、続々とアイドルグループが解散・休止

pic pic

新垣結衣

 4人組ガールズユニット・9nineが、今年4月6日開催の東京・中野サンプラザ公演をもって活動休止することを2月27日、公式サイトで発表した。

 同ユニットは2005年、ガッキーこと新垣結衣の事務所に所属するタレント9人で結成されたが、続々とメンバーが脱退。10年に女優の川島海荷も含めた5人の新体制となったが、16年7月に川島が脱退していた。

 公式サイトによると、2017年の秋頃から、「このまま変わらぬ形でグループ活動していくことが、メンバーそれぞれの将来にとって最高の選択なのか」と、メンバー、スタッフ、それぞれがそれぞれの立場で真剣に考え、時間をかけて、話し合いを重ね、活動休止の決断に至ったというのだ。活動休止後、メンバーたちは個人で活動していくという。

 「中心メンバーだった川島の脱退はかなりの痛手。川島のファンが離れたことにより、ユニットの人気はたちまち衰退してしまった」(音楽業界関係者)

 同じ事務所では、昨年9月でアイドルグループ・ベイビーレイズJAPANが解散。

 2013年上半期に放送されたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で、劇中に登場する架空のアイドルグループ「アメ横女学園芸能コース」の楽曲『暦の上ではディセンバー』を実際に歌唱しブレーク。それをきっかけに、「ベイビーレイズ」から改名したが、大ブレークを果たせなかった。

 「音楽事業は当たればデカイので、以前は新垣結衣に歌手活動をさせたりしていた。とはいえ、音楽事業を成功させたノウハウがなかったので結局、当てることができず。これに懲りて、今後は事業から撤退することになりそう」(芸能プロ関係者)

 9nineのメンバーたちのソロでのブレークを期待したい。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ