search
とじる
トップ > レジャー > 「思い切って藤田騎手!大逃げしちゃえ」新潟記念 藤川京子の今日この頃

「思い切って藤田騎手!大逃げしちゃえ」新潟記念 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 全出走馬好走平均距離に近い昨年のレースに今年のメンバーを当て嵌めてみると、ベアインマインド、スズカディープ、エンジニア、セダブリランテス、ストーンウェア、メートルダール、グリュイエール、ブラストワンピースが有力のようです。特にグリュイエールは、復活してからの成績が2年のブランクを感じさせない強さを見せています。前走は最後の直線で、何か戸惑った感じがしましたが、そのまま追い込めば勝っていた勢いでした。真の復活に期待しています。

 それと、新潟とはいえ好タイムだったベアインマインド。今回は更に斤量が軽くなって50kgでの出走です。藤田菜七子騎手はチャンスです。それとブラストワンピース。ダービーは5着でしたが、勝ち馬以外とは差の無い5着です。強いと思います。しかもダービーより3kg軽い54kgです。穴はメートルダール。少し調子を落としているようにも見えますが、調子の良さそうなストーンウェアには、3走前で大差で先着しています。その後は、レベルの違うレースに別れたので、ストーンウェアを買うならメートルダールも買えると思います。

 何しろ、ここ2年は何処の競馬場も好タイムが出やすい馬場になっている印象で、タイムだけを見ていると戸惑ってしまいます。今回は斤量の差も大きいので、馬券を分けた方が良いと思いました。力量で言えばセダブリランテスですが、57.5kgという斤量だけが引っかかります。ブラストワンピース、グリュイエール、セダブリランテスで行けると思うのですが、念の為、穴の展開も買います。

 恐らく、いつもの様な展開を想定して、競馬を組み立てている陣営が多いと思います。夏バテではありませんが、それほど難しく考えていないと思うのです。そこで、若さ漲る藤田騎手の大逃げがあれば、想定外の競馬に動くに動けない馬が多いと思うのです。後ろを振り向かないで、若さに任せて行ってほしいのです。前走のタイムは新潟なので好タイムなのですが、同じタイムで今回も走れれば十分に勝ち目はあります。しかも斤量が更に軽くなっているので、勢いで行ってしまっても良いと思います。他の先輩方と同じように走っても、後ろから煽られて失速してしまう気がします。

 この作戦に失敗しても、若いから厩舎も馬主も許してくれると思います。行っちゃいな、藤田騎手。

ワイドBOX1、10、13、5
ワイドBOX8、11、3、13

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ