search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 石橋貴明が“過去の遺産”にすがりつく理由 共演のない木梨憲武と想いは同じ?

石橋貴明が“過去の遺産”にすがりつく理由 共演のない木梨憲武と想いは同じ?

pic pic

とんねるず・石橋貴明

 先月、音楽ユニット・野猿の元メンバーと3人組ユニット「B Pressure(ビープレッシャー)」を結成し、11月にはデビューシングルがリリースされることを発表したとんねるずの石橋貴明だが、かなりの苦境に立たされているようだ。

 とんねるずといえば、長年続いてきたフジ系の冠番組「とんねるずのみなさんのおかげでした(以下みなおか)」が昨年3月で終了。ほかにコンビでこなす仕事といえば、年に不定期で1、2回放送される「夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル」(テレビ朝日系)ぐらいだが、石橋と相方の木梨憲武のロケは、ほぼ別々に行っている。

 木梨は俳優・水谷豊を始め、芸能界での親交が広く、早朝のラジオ番組のパーソナリティーや俳優業で活動。先月出演した音楽フェスでは、ソロ活動を行うことを発表した。

 「木梨はまるでソロ活動しているような気分で、ノビノビマイペースで活動している。石橋とは明らかに距離を置いているが、とんねるずの名前はこのまま残しておくという考えは石橋と共有しているようだ」(テレビ局関係者)

 一方、石橋が元メンバーをプロジェクトに引き入れた野猿は、石橋と木梨のほかは「みなおか」のスタッフでメンバーが構成され、98年4月から2001年5月まで活動。シングルの全11曲すべてがオリコントップ10入りを果たし、3枚のアルバムも全てトップ5入りとなり、合わせて累計300万枚の売り上げを記録した。99年と00年には紅白にも出場。いわば石橋にとって“過去の遺産”だ。

 発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)によると、フジの石橋に対する“お情け”でスタートした「たいむとんねる」だが、1本のギャラは高額で、フジは採算度外視で制作。

 高額ギャラに加え、昔からスタッフに対して厳しい態度を取っており、現場での人望は薄く、この先、テレビで石橋の新番組を立ち上げる可能性は低いのだとか。そのため、石橋は同番組を死守したいというから、話題作りのため存分に新ユニットを宣伝することになりそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ