search
とじる
トップ > レジャー > 「敢えて、切る」 藤川京子の今日この頃

「敢えて、切る」 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 出走頭数は少なくても難しさはあまり変わりませんが、ルックトゥワイスは目に止まりますよというよりこの馬が勝つ筈ですが、斤量が軽くなるケイティクレバーやフェイズベロシティを無視してよいかというとそうでもないと思います。特にケイティクレバーは先行が出来るので、このレースの傾向としては入れるべき穴なのかもしれません。また、フェイズベロシティも前走2000mが2分00秒未満の法則にも当てはまります。しかも人気薄のトレジャーマップも昨年はこのレースで3着の実績もあります。

 新潟で思う事は、新潟巧者の強さを良く感じます。2016年の関屋記念1着のヤングマンパワーも、先週の関屋記念で11番人気ながら4着にまでなりました。新潟だと張り切ってしまう馬が多い気がするのは私だけでしょうか。そして、ポポカテペトルも控えていますし、前走グリーンS組のタイムを見ると侮れません。こうなると全部買うはめになってしまいます。

 もう少し掘り下げると、前走グリーンS組のグランドサッシュがその前の緑風Sでルックトゥワイスと対戦しています。この時の順位はルックトゥワイスが2着で、グランドサッシュが3着でしたけれどタイムで見ると0.6秒の差があり、4馬身位の差があり、斤量はグランドサッシュが54kgでした。そうなると、このレースではルックトゥワイスの後ろにゴール前で4馬身以上の隙間がぽっかり空く事が想像出来ます。

 早春Sで見ると、ポポカテペトル56kgとグランドサッシュ55kgにはそれほど差がないように思えますが、その時のレースの斤量を考えると今回は両馬とも57kgなので、ポポカテペトルの方が前で決着出来る可能性が高いと思うのです。だから思い切って前走グリーンS組を切ってみます。
3連単フォーメーション
1着、7ルックトゥワイス、4ポポカテペトル、6ケイティクレバー
2着、7ルックトゥワイス、4ポポカテペトル、6ケイティクレバー
3着、4ポポカテペトル、6ケイティクレバー、1フェイズベロシティ、5トレジャーマップ

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ