search
とじる
トップ > 社会 > 終電逃したサラリーマンには厳しい!? 個室ネカフェ営業は違法

終電逃したサラリーマンには厳しい!? 個室ネカフェ営業は違法

 ネットカフェや漫画喫茶で、プライバシーが保たれる個室形態の営業が「風営法の許可がない場合は違法」として警察庁が全国の警察本部に指示していたことが報じられた。

 「個室が児童買春の温床になっている」というのが今回のオカミの言い分。実際に個室形態のネットカフェなどで、児童買春やわいせつ事件で悪用されたこともあるという。個室形態のネットカフェ側は、「プライバシーが保てないと客足も遠のく。影響がある」と語っている。

 また、風営法では、外部から見通すことができない五平方メートル以下の個室で飲食を提供する営業は、都道府県公安委員会の許可が必要とあるが、実際に許可がおりても、午前0時以降の深夜営業ができないため、終電を逃したサラリーマンなどは利用することができなくなり、営業的にも、そして、夜遅くまで働くサラリーマンにも相当な痛手となるはずだ。

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ