search
とじる
トップ > 社会 > 40歳の小学校職員が高2になりすまし、中学校女子生徒に裸の画像送信させる

40歳の小学校職員が高2になりすまし、中学校女子生徒に裸の画像送信させる

 警視庁サイバー犯罪対策課は、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、千葉県習志野市立小学校職員・落合康次容疑者(40=千葉市花見川区幕張本郷)を再逮捕した。

 逮捕容疑は今年3月10日〜29日、当時、中学3年だった神奈川県在住の女子生徒(15)に、18歳未満と知りながら、裸などの写真を計4枚撮らせ、携帯電話にメールで画像を送信させたとしている。

 同課によると、落合容疑者は昨年7月以降、インターネットの短文投稿サイト・Twitter(ツイッター)で、「高校2年生でバスケ部です」などとウソの自己紹介をし、若い男性の写真を貼り付けていた。また、ツイッターでは自分の下半身が映った動画が見られるサイトへリンクさせるなどしていた。

 落合容疑者のツイッターを見た女子生徒が本名で書き込み、メールで連絡を取り合うようになったという。落合容疑者が「体が見てみたい」「写真を送って」と要求すると、少女は「年が近いので付き合おうと思った。嫌われたくなかったので写真を送った」と話しているという。

 落合容疑者は「以前、40歳で書き込んだら、『くそじじい、引っ込んでろ!』という厳しい反応があったので、高2になりすました。若い女の子が好きだった。女の子とコミュニケーションを取りたかったが、顔を合わせて話すのが苦手だった」などと供述し、容疑を認めているという。

 落合容疑者は今月14日、自分の下半身の動画を投稿サイトに掲載したとして、わいせつ図画陳列容疑で逮捕されていた。

 習志野市教育委員会は、「事実関係を確認中で、コメントできない」としている。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ