search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの地方競馬セレクション(7/31)「第40回サンタアニタトロフィー(SIII)」(大井)

ハッシーの地方競馬セレクション(7/31)「第40回サンタアニタトロフィー(SIII)」(大井)

pic pic

画像はイメージです

 行きっぷりが・・・。先週浦和競馬場でおこなわれた「第2回プラチナカップ(SIII)」。本命に推したキタサンミカヅキは、まずまずのスタートを切ったものの行きっぷりが悪く、押してポジションを取りに行って4番手の位置を取る。3コーナー手前から先頭との差を詰め始めたが、逃げたノブワイルドの手応えが良く、なかなかその差が詰まらない。直線に入ってもノブワイルドの脚は鈍ることなく2着に敗戦。3着馬は引き離しているだけに相手が強かったです。58kgの斤量を背負っていたとはいえ、このメンバーなら楽に好位を取れる力があるだけに、行きっぷりの悪さが気になりました。それでも2着に来ているだけにやはり力があります。まだまだワクワクするような走りを見せてくれることでしょう。

 さて、今週は「第40回サンタアニタトロフィー(SIII)」が大井競馬場でおこなわれます。

 本命に推すのはノンコノユメ。中央から移籍初戦となった前走の帝王賞では、追い込み馬向きの展開になったことは確かですが、8番手の位置からメンバー中2位の上がりを使って3着。さすがGI馬という走りを見せてくれました。近走は結果が出ていませんでしたが、大井へ移籍したことで心身ともにリフレッシュできたようです。今回は58.5kgの斤量を背負いますが、58kgを背負っての勝ちもあり、今回のメンバーなら問題ないでしょう。

 相手本線は、舞台が大井に替わって巻き返すクリスタルシルバーです。前走は8着に敗れましたが、前半やや行きたがったことや、鞍上曰く右回りの方がスムーズとのこと。前走こそ崩れましたが、それまでは3戦連続重賞で3着と力を見せていました。今回は右回りの大井へ舞台が替わり、追い切りの動きを見ても、十分に巻き返せるだけの状態にあると見ます。

 ▲はこちらも復調の兆しを見せているハッピースプリント。

 以下、トロヴァオ、サブノクロヒョウまで。

◎(12)ノンコノユメ
○(4)クリスタルシルバー
▲(2)ハッピースプリント(出走取消)
△(10)トロヴァオ
△(7)サブノクロヒョウ

買い目
【馬単】6点
(12)→(2)(4)(7)(10)
(2)(4)→(12)
【3連複1頭軸流し】6点
(12)−(2)(4)(7)(10)
【3連単フォーメーション】15点
(12)→(2)(4)(10)→(2)(4)(7)(10)
(2)(4)→(12)→(2)(4)(7)(10)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ