search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 吉澤ひとみ被告の有罪判決にハロプロファンから悲鳴 心配される現役メンバーへの影響は

吉澤ひとみ被告の有罪判決にハロプロファンから悲鳴 心配される現役メンバーへの影響は

pic pic

吉澤ひとみ

 酒気帯び状態で運転、ひき逃げしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反が問われていた元モーニング娘。の吉澤ひとみ被告に対し、東京地方裁判所は30日、「犯行は悪質だが、深く反省している」として懲役2年、執行猶予5年の判決を下した。

 今年9月、中野区で酒気帯びの状態で車を運転し、横断歩道を渡っていた女性を赤信号無視ではね、近くを歩いていた男性とともに怪我をさせ、そのまま逃走した吉澤被告。前日には自宅で缶チューハイや焼酎のソーダ割りを飲んでいたことを供述しており、事故直後には基準値の4倍近いアルコールが検出されていた。また、29日の初公判で出廷した吉澤被告の夫は、現在の飲酒量について「急激に減っています」と回答。これにより、いまだ吉澤被告が禁酒に至っていないことが明らかになった。

 この判決について、ネットからは「かなり悪質だから実刑にして酒を断つべきだった」「被害者が軽傷だったのはかなり幸運なだけ。判決をきちんと受け止めてほしい」といった厳しい声が殺到。吉澤被告の所属していたハロー!プロジェクトのファンからも、「復帰は考えないでほしい」「20周年の年にハロプロから前科者が出るなんて思わなかった」などといった落胆の声などが聞かれている。

「実は2018年はハロー!プロジェクトの誕生から20周年というアニバーサリーイヤー。そのため、ハロプロ合同イベントや、OGも含めたイベントも多々行われていました。しかし、今回の事件で、20周年を記念して行われたOGも参加のハロー!プロジェクトコンサートのDVDがお蔵入りになる可能性も浮上。結局、吉澤被告の出演部分をカットする形での発売が決定しましたが、ファンが興ざめしてしまったのは間違いありません」(芸能ライター)

 また、ファンからは「これで5年は紅白がなくなった…」「どうせまた現役メンバーも含んだイメージも悪くなるんだろうな」といった声も聞かれている。

「実は今年の『NHK紅白歌合戦』は平成ラストということもあり、『モーニング娘。'18が内々定しているのでは』といった噂が早い段階から囁かれていたのですが、吉澤被告の事件によって一気にイメージダウン。ファンの多くも落選は覚悟していたことでした。しかし、今回の『執行猶予5年』という厳しい判決と、まだ禁酒していないという吉澤被告の態度から、『執行猶予明けまで紅白はないのでは?』という憶測もファンの間で蔓延。現役ファンにとっても無関係な出来事ではなかったようです」(同)

 さまざまな波紋を呼んだこの事件。吉澤被告の反省を切に願う――。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ