search
とじる
トップ > アイドル > SMAP解散危機 メンバーが感じた格差

SMAP解散危機 メンバーが感じた格差

pic pic

元メンバー・森且行

 「解散&分裂」騒動の渦中にあるSMAP。18日、フジテレビ「SMAP×SMAP」で生謝罪会見を行った。変わり果てたSMAPの姿に心配する声が続出し、さらなる騒動に発展しているが、21日現在一部スポーツ紙では「ケジメがついた」とし、事態は収束に向かっているようだ。

 長年、「SMAP解散」の噂は流れていたが、ここまで内部事情を含めて世の中にハッキリと出たのはおそらく初めてだろう。最近では、メンバーたちも元メンバー・森且行の脱退や解散危機について語ることも多かった。今まで、メンバーが解散危機を語っても、過去の苦労話として聞き流していた視聴者も多いはず。まさか、本当にここまで解散が現実的に迫るとは誰一人感じていなかった。

 2014年、SMAP全員が初めて総合司会を務めたフジテレビ「FNS 27時間テレビ」。深夜に放送された「27時間ナショー」では、過去の解散危機回数について、メンバーが告白していた。

 香取慎吾は「3回か4回あたり」と衝撃告白。突然の告白にメンバーは沈黙。香取が「どうしたみんなあったじゃん!?」と笑い飛ばすと、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛も笑顔を見せたが、リーダーの中居正広だけは渋い表情だった。

 香取の告白に追随したのは草なぎ。「慎吾は3回か、4回かって言ってるかもしれないけど、僕は2回」と告白。続いて稲垣は「僕は1回です。これはマズいかなって言うのは…」と明かし、木村は「オレは3回ですね」と告白した。そして中居は、先陣を切って告白してしまった香取の頭を叩き、「バカか!」と注意したが、「4.5回ぐらいですかね」と笑い飛ばしていた。

 メンバーの発言を比較すると、非常に差が大きい。特に稲垣と中居の差は3.5回ということになる。一般的にみればSMAPの解散危機は、1996年の森且行の脱退、2001年の稲垣吾郎の不祥事、2009年の草なぎ剛の不祥事だろう。つまり、3回。解散危機を少なく感じているメンバーは問題ではない。多く感じていることの方が問題だ。

 「特に中居さんの4.5回は多い。脱退や不祥事以外にも、解散の危機があったということがわかる。つまり、長年の何気ない出来事の中で、“解散”にまで発展していたということ。ただ、SMAPはデビューから順調な道を歩んでこなかったのは有名な話。デビューしてから3年ほど、ジャニーズのグループとしては不遇の時代を過ごしていますから、その時代に解散危機があったのかもしれませんね」(芸能記者)

 「解散危機」についてそれぞれメンバーに格差があったが、さすがに今回の「解散危機」を「危機」として捉えないメンバーは誰一人としていないだろう。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ