search
とじる
トップ > 芸能ネタ > りんごちゃんととんねるずの意外な共通点 腕を磨いたのはショーパブだった

りんごちゃんととんねるずの意外な共通点 腕を磨いたのはショーパブだった

pic pic

りんごちゃん

 日本テレビ系深夜のバラエティ「ウチのガヤがすみません!」に出演したガヤ芸人で、19年もっともスパークしたのは、りんごちゃんだろう。武田鉄矢やハウンド・ドッグの大友康平のものまねは、忘年会&新年会シーズンのテッパンギャグ。ものまね前にひと言添える「スターティン」は簡単で覚えやすく、健康的なワードとあって、幅広い年齢層に愛された。

 年齢は「りんご31個分」であることから、推測が容易。だが、性別は「超越したところにいるのがりんごちゃん」という理由で伏せられたままだ。しかし、東京・銀座で“夜の蝶”だったころに受けたインタビュー映像が、バラエティ番組で発掘。本人公認のもと、売れた今も世に出ている。某番組スタッフは言う。

 「りんごちゃんが勤めていたのは、銀座8丁目にあるニューハーフショークラブ『Corvette.』(コルベット)。いろんなジャンルの人たちがプロのダンサーと一緒に見せる華麗なショーが売りで、場所柄、お金持ちはもちろん、有名人も足しげく通っています。りんごちゃんは、いろんなコスプレ、ダンス、ものまねなど、今と変わらず多才。ポッチャリ系“女”担当だったそうです」

 胸のサイズは、カップではなく「CC」。マルチタレントで元男性のはるな愛と同じく、りんごちゃんも何CCかを注入している。ちなみに、性別にまつわる突っ込んだ質問はキャラ崩壊を阻止する意味で、ご法度となっている。

 そもそも売れっ子芸人は食えない時代、水商売で生計を立てていた例が多い。当時に客と撮った写真が出て来て、元キャバ嬢だったことがバレてしまった女性タレントも数多い。男性タレントの場合は、あわよくば業界関係者と出会うチャンスをゲットできればと、夜の世界に身を投じる者もいる。

 とんねるず(石橋貴明&木梨憲武)はかつて、赤坂のオトコだった。「お笑いスター誕生!!」(日本テレビ系)の出演を機に芸能界デビューしたが、まったく売れず、都内赤坂にあったレビューが売りの高級レストランシアター「コルドンブルー」でアルバイトをした。その合間で週に3回、ダンス&歌のレッスンに時間を費やした。

 同店はかなり有名店。来日した外国人タレントがよく訪れた。ショーの制作に日テレ関係者が参画していたこともあり、前田美波里や夏木マリ、プリンセス天功といった大物アーティストがレビューに加わることがあった。また、幕間のコメディタイムでは、清水アキラやシティボーイズ、とんねるずらが芸を披露した。

 思えば、りんごちゃんもとんねるずも、テレビに出られるようになった頃はすでに、堂々たるものだった。その背景にあったのは、セレブな夜のエンターテインメントショー。バイトが芸に直結した成功例だ。
(伊藤由華)

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ