search
とじる
トップ > 社会 > 京急が46の駅名を沿線小中学生から公募 ユーザーは動揺、“珍”予想案も集まる

京急が46の駅名を沿線小中学生から公募 ユーザーは動揺、“珍”予想案も集まる

pic pic

画像はイメージです

 18日、京浜急行電鉄(京急)が一部駅の名称を「沿線に住む小中学生から公募する」と発表し、物議を醸している。

 駅名の変更は京急が創立120周年記念事業として発表したもので、産業道路駅の駅名を2019年春に変更するという。

 さらに、産業道路駅以外にも他社線との接続がある駅と公共施設、神社仏閣、歴史的史跡の最寄り駅として認知されている26駅以外の46駅についても活性化に繋がるものや、読み方が難しいとされる駅については変更を検討していく。

 現時点では、「雑色(ぞうしき)」や「糀谷(こうじや)」などが候補として噂されている。応募資格は京急沿線に住む小中学生で、募集条件は漢字、ひらがな、カタカナ及びアルファベットを用い、人名や企業・団体名の使用は不可だ。

 京急は創立120周年記念事業として大々的に発表したが、ネットユーザーの反応は微妙。「変えないでほしい」「混乱する」と異論を唱える声や、「駅名が公共財ということを理解していない」「愚策」「京急が嫌いになりそう」など、怒りの声が上がり、「クレームを入れる」とするユーザーも。

 また、Twitter上では予想案も多数上がっており、「おおたワンダフルきらめきステーション(雑色)」「京急東神奈川(仲木戸)」「横須賀ぷら〜ざ(横須賀中央)」などの提案があった。

 京急の駅名はそのほとんどが長年親しまれてきたもの。また、路線バスの停留所名になっている駅も多く、混乱が予想される。京急が大々的に発表した事業だが、ユーザーを中心に困惑しているようだ。

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ