search
とじる
トップ > スポーツ > 落合監督を激怒させ皮肉にもリーグ連覇の原動力となった中日球団幹部の実名

落合監督を激怒させ皮肉にもリーグ連覇の原動力となった中日球団幹部の実名

 プロ野球セ・リーグは18日、中日の2年連続9度目の優勝が決まった。横浜スタジアムで横浜に延長10回3-3で引き分け、球団史上初のリーグ連覇を達成したのだが、歓喜の原動力には指揮官やナインを怒らせた“ガッツポーズ騒動”があったというのだ。複数の朝刊スポーツ紙への手記で「選手に火をつけた分岐点があるとすれば、9月中旬に変な行動を起こした球団の人間がいたと噂になった。負けてガッツポーズされたらオレたち勝っちゃいけないのかよってなる」と落合監督自身が明かしているのだ。

 話を総合すると、発端は9月18日の対巨人戦。0-4と敗れた試合後、なんと中日球団幹部が敗戦にガッツポーズをしていたという。この目撃談は落合監督の耳にも入り、球団への不信感を強める事態となった。22日には今季限りで契約更新をしないことを中日側が発表。監督はこの件についても一部朝刊紙の手記のなかで、「当日、あさ一番の新幹線で出向き9時にオーナーと会談して言われた。でも当日の親会社の新聞夕刊には出ていた。オレはその日まで退任か続投か知らされてなかったのに」と“クビ”は確定事項だったことを明かしている。しかし皮肉なことに、一連の騒動に「ナニクソ」と奮起したのはナインだった。退任決定後からチームは猛スパートし、リーグ連覇を果たした。

 落合監督は、手記の中でこそ球団幹部の名前こそ出してはいない。しかし、在京スポーツ紙記者は「パッと読んだらピンときましたね。アンチ落合派と言われる坂井球団社長のことですよ。今季から社長に就任した人物で、親会社では『コストカッター』と言われ手腕を発揮していた人物です。西川前球団社長退任を受けて就任、球団運営経費の圧縮について手腕を振るっていましたからね。落合続投となると、もちろん年俸も上がる。ここ数年の観客動員数の低迷で、監督の年俸にまでメスを入れざるを得なかったようです。もちろん、落合退任なら次の監督年俸を安く抑えられますからね」と話す。なんと中日敗戦にガッツポーズをしていた球団幹部とは、坂井克彦・中日球団社長だというのだ。

 前出の記者は続ける。「各朝刊スポーツ紙は実名を出すかどうかで迷ったようですね。日刊とスポーツニッポンは球団幹部として実名は伏せた。デイリースポーツだけ見出しで出してしまったあたりで一部夕刊紙あたりも追随したようです。でも、落合監督があれだけ手記でケナしていれば、遅かれ早かれ出てきた名前です」

 ネットの反応も早かった。リーグ優勝を果たし、ベンチに戻る際に白井オーナーやマスコットのドアラとはがっちり握手したのに、坂井球団代表との握手だけは拒否したシーンの画像がすぐに流れ、拡散していった。大人げないという声もあるが、大方は落合監督に同情的だ。そもそも一連の騒動も、自分の球団が負けることを喜ぶ球団社長がどこにいるという話で、事実なら言語道断。コトによっては責任問題に発展しそうな雲行きだ。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ