search
とじる
トップ > 芸能ネタ > うやむやで終わりそうな鈴木砂羽の“土下座騒動”

うやむやで終わりそうな鈴木砂羽の“土下座騒動”

 公演中の女優の鈴木砂羽が初演出と主演を務める舞台「結婚の条件」で鈴木による土下座の強要などを理由に女優2人が開幕直前に降板した騒動で、2人が所属する事務所の関口忠相社長が14日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に生出演。鈴木が前日13日に土下座強要を否定したことに対して反論した。

 13日に初日を迎えた同舞台だが、その2日前の11日、いずれも関口社長の事務所に所属する鳳恵弥と牧野美千子は降板を発表。その理由として、鈴木から土下座などのパワハラを受けたと主張し騒動に発展。しかし、鈴木は13日の公演終了後、「土下座をさせた事実はございません」と涙ながらに否定していた。

 それに対し、同番組で関口社長は「私としては(土下座強要は)あったと」と主張。関口社長はトラブルが起きた稽古現場にいなかったというが、脚本家でプロデューサーの江頭美智留さんや鈴木のマネジャーから「申し訳なかった」と謝罪を受けたことを明かした。

 ただし、土下座について鈴木のマネジャーは否定したとか。それでも、2人を謝罪させたことについて、「私もやりすぎだと思ったから止めに入りました」と認めたというのだ。

 「すでに舞台はスタートしているだけに、ここに来て鈴木に不利な“証言”をする関係者はいるはずがない。関口社長は現場にいなかったので“証拠”を押さえていないが、所属女優にあおられ、ここまで来てもう引っ込みがつかなくなってしまったのでは」(舞台関係者)

 同番組では“徹底抗戦”の意向を見せた関口社長。ところが、一部スポーツ紙の取材に対しては、納得のいかないところも多いとしながらも「はっきり言えば、私の中では収拾はついた」と早くも騒動の終結を宣言。

 なんともスッキリしない形となったが、これで鈴木は安心して舞台に打ち込めそうだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ