search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 給料には『デブ手当』つかない…やよい軒のお代わり自由“企業努力”はマツコも「ありがたかった」

給料には『デブ手当』つかない…やよい軒のお代わり自由“企業努力”はマツコも「ありがたかった」

pic pic

マツコ・デラックス

 4月22日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)において、先ごろ一部店舗でご飯お代わりの有料化を始めた、やよい軒が取り上げられた。白米のお代わりはプラス30円〜100円、十六穀米の大盛りは同50円といった値上げが行われ、お代わりを利用しない客から「損をしている」とクレームが付いた経緯を報じた、『日刊ゲンダイ』(日刊現代)の記事が取り上げられた。

 これを受け、マツコ・デラックスは「これね、ちょっとショック。わからない人は本当わからないと思うんだけど、やよい軒の前は『めしや丼』と言っていて、そのころにお世話になっていた」と語った。さらに、やよい軒は「茶碗がもうちょっと大きくしてほしいなというサイズ。私みたいなヘビーユーザーからすると、何回もお代わりに行くのが恥ずかしいから、密度で言ったら、ぼたもちくらい(ご飯のお代わりを詰める)」と語った。

 これには、ネット上では「めしや丼、懐かしい」「ごはんのお代わりぎゅうぎゅう詰め、確かにやるわ」「こんもりと盛ると『まんが日本昔ばなし』みたいになる」といった、「あるある」が聞かれた。

 また、デイトレーダーの若林史江も「(新宿)二丁目のやよい軒によく行っていたけど、お代わりはしない派なので大きなお釜が置いてあるのも知らなかった」「ずっとお釜を見ていて『ホラ、デブがお代わり行った』とか見ているのかな」と話した。

 さらに、マツコが「昔ほど行かなくなったけど、甘酸っぱい思い出のひとつなのね。めしや丼で致死量くらい飯を食ったっていうのは」と語ると、スタジオから笑いが起こっていた。続けて、若林も「すごい食べる人はエンゲル係数が高いけど、給料は一緒で『デブ手当』とか付かないわけじゃない。企業努力でお代わりさせてくれるのはありがたいでしょ?」と問いかけると、マツコも「ありがたいですよ」と感謝しきりだった。

 これには、ネット上で「やよい軒、限られたおかずでどれだけ飯を食うかが勝負だなよな」「お代わり有料じゃ普通の定食屋と一緒だもんな」といった声が聞かれる。大食漢のマツコも愛するやよい軒のご飯お代わり有料化は、やはり評判が悪いようだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ