search
とじる
トップ > レジャー > 「クラージュゲリエ」共同通信杯、京都記念 藤川京子の今日この頃

「クラージュゲリエ」共同通信杯、京都記念 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 確かに、朝日杯フューチュリティステークスを勝ったアドマイヤマーズは強いと思います。でも、持ち時計を見てほしいのです。速いタイムではありません。キタサンブラックの様に、途中迄、持ち時計がなくても勝ちまくって、速い展開になった時に、初めて好タイムを出した馬もいますので、アドマイヤマーズもその可能性が高いですが、今のところは好タイム実績はありません。

 それを言うならクラージュゲリエも同じ事が言えてしまうのですが、この馬は後ろから行く馬なので、レース展開にタイムが大きく左右されてしまうので、持ち時計がないのだと思っています。京都の上がり時計実績なら僅かにクラージュゲリエの方が良いです。

 2走前の札幌2歳Sでは届かなくて3着でしたけれど、道中がチグハグになってしまい、寧ろ、よく3着迄来たと思っています。ここは頭数も少ない事もありますが、フォッサマグナも不気味です。思い切って、クラージュゲリエ軸で流します。もしかしたら雪の影響も馬場に残るかもしれません。クラージュゲリエは多少の馬場の重さはこなせると思います。重馬場だとナイママにも注意が必要だと思います。

 3連単6番1頭軸マルチ総流しで、60点

 京都記念は、このメンバーならマカヒキ。ジャパンCで調子を取り戻したと思い、その次の札幌記念では2着。しかし、2走前の天皇賞では思ったようなパフォーマンスを見る事は出来ませんでした。どうしてしまったのかいつも心配ですが、ここまで来たらじっくり構えて焦らない方が良いのかもしれませんが、このメンバーなら複勝圏内は狙える筈です。

 京都競馬場なので、東京ほど直線は長くないですが不得意な馬場ではない筈の実績はあります。それとパフォーマプロミスも前走の有馬記念とはいえ、大敗でしたけれどポテンシャルは高いと思います。しかし、この2頭の調子が戻っていなければ、ステイフーリッシュとノーブルマーズ、ダンビュライトの可能性が大きくなると思います。東京が良くても、中山、京都だと逆になるパターンを幾度となく見てきました。

 中山が悪くなければ京都も行けるという私の持論だと、怪しい組み合わせの馬券も有り得ると思っています。ここは、2つに分けて勝負です。

ワイドBOX 12マカヒキ、7パフォーマプロミス、8ダンビュライト
ワイドBOX 10ステイフーリッシュ、11タイムフライヤー、2ノーブルマーズ

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ