search
とじる
トップ > アイドル > AKB48 前田亜美「AKB48のCDなのに最近はAKBメンバーが少ない」

AKB48 前田亜美「AKB48のCDなのに最近はAKBメンバーが少ない」

 アイドルグループ、AKB48の前田亜美が、トークライブアプリ「755」で、最近のAKB48のシングル選抜について語った。

 前田は「755」で、「AKB48に居るうちはAKBに貢献できればなって思う。どうしたらいいのかな? っていつも考える! AKB48に勢いが欲しい!! 握手だってAKBにいる内しか出来ないし会いにきてくれる人なんて嬉しいよ! だから頑張る!! お仕事も与えられたら頑張る! 当たり前」との持論を語った後に、「AKB48のCDなのに最近はAKBメンバーが少ないなと改めて思った」と最近のAKB48のシングル選抜の現状を素直に綴った。

 8月に発売されたAKB48のシングル「ハロウィン・ナイト」は、第7回AKB48総選挙の結果から選抜されたメンバーであるが、16人中でAKB48のメンバーは柏木由紀、渡辺麻友、高橋みなみ、松井珠理奈、山本彩、宮脇咲良、島崎遥香、横山由依、武藤十夢の9名。さらに、松井、山本、宮脇は他のグループのオーディションからグループに加入して、現在は元々のグループにも所属してAKB48を兼任している立場であるため、純粋なAKB48のメンバーとなると6名しかいない。また、今秋スタートのNHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌を担当することが決まっている「365日の紙飛行機」でのセンターはAKB48の兼任メンバーではあるものの、もともとはNMB48所属である山本彩がつとめることが、すでに発表されている。

 前田は、「正直ハロウィンナイトのCDにも私の歌声は入ってないしPVだって映ってない」とも語ったが、「それでも私のファンの方はCDを買ってくれて握手しに来てくれて、私はファンの方を大切にしようと思う。いつも本当にありがとう」とファンへ感謝の言葉を述べた。

 前田亜美は7期生としてAKB48に加入。第3回から第6回のAKB48総選挙ではランクインしていたが、今年開催された第7回AKB48総選挙では圏外であった。これまで「チャンスの順番」「上からマリコ」「永遠プレッシャー」とじゃんけん大会から選ばれた選抜に入ったことはあるが、それ以外でのシングル選抜の経験はない。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ