search
とじる
トップ > 芸能ニュース > なぜトマト!? 弟の結婚で会見する小泉孝太郎のシャツには意外な理由が…販売元も判明!

なぜトマト!? 弟の結婚で会見する小泉孝太郎のシャツには意外な理由が…販売元も判明!

pic pic

小泉孝太郎

 小泉純一郎元内閣総理大臣の次男である自民党の小泉進次郎衆議院議員が、7日にフリーアナウンサーの滝川クリステルとの結婚を発表した。昨年から交際を始めた二人だが、滝川は現在妊娠中とのことで、早くも祝福の声が集まっている。

 これを受けて、進次郎議員の兄である俳優の小泉孝太郎が、毎週金曜日にパーソナリティを務めているワイドナショー番組『よじごじDays』(テレビ東京系)のスタジオ内で取材に応じ、その際に身に着けていた“個性的過ぎるシャツ”が話題となっている。

 孝太郎が身に着けていたのは、真っ赤なトマトがプリントされたシャツだった。ニュースでインタビューを受ける孝太郎を見た視聴者からは、「小泉孝太郎のトマト柄のシャツが気になりすぎて内容が入ってこない(笑)パンチ強すぎ」「丁寧に受け答えしてるのに、シャツがふざけてて、ギャップが面白すぎる」「なぜこのタイミングでトマト(笑)」「トマト柄シャツ可愛すぎ。どこで売っているの?」という声が集まった。

 注目を受けているトマト柄のシャツだが、実はこのシャツは、孝太郎が現在主演を務めている金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜 SEASON4』(テレビ東京系)にの衣装であることが分かった。

 本シリーズは2016年にシーズン1が放送されて以来、毎年続編が放送され続けている人気刑事ドラマだ。原作は富樫倫太郎氏による『生活安全課0係』(祥伝社)で、マイペースすぎるエリート刑事・小早川冬彦(孝太郎)と、毒舌ベテラン女刑事・寺田寅三(松下由樹)が、杉並中央警察署内の生活安全課、通称「なんでも相談室」の仲間と共に難事件を解決していくというストーリーである。

 孝太郎演じる主人公・冬彦は、大の野菜好きというキャラクターで、杉並中央警察署の屋上で、野菜や果物を自家栽培している。作中では、冬彦が自分で育てたトマトを安全課の仲間たちに配るシーンも描かれた。さらに、今回の件で身に着けていたトマト柄シャツとは別のデザインのトマト柄シャツや、唐辛子柄シャツ、スイカ柄シャツなどを身に着けている。

 今回の孝太郎がインタビューを受けている様子を見たドラマ視聴者からは、「ドラマの衣装着たまま取材受けるマイペース具合…“リアル冬彦”じゃん(笑)」「こんなに注目されるなんてスゴイ!いい番宣になったね」「トマトシャツ着てさりげなく番宣する小泉孝太郎に好感度しか上がらない」との声が寄せられた。

 販売元は、浅草にある手ぬぐい・染物専門店の「染の安坊」で、ドラマで着用した別バージョンのトマト柄シャツは販売しているが、今回孝太郎が身に付けていたミニトマト柄は販売しておらず、ドラマ用の特注品である可能性が高い。

 『警視庁〜』は7月19日放送の第1話の視聴率が過去シーズン最低の6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)で、7月26日放送の第2話も5.2%、8月2日放送の第3話も6.4%と低迷気味である。果たして、今回の件で視聴率アップとなるのだろうか。今後の放送に注目したい。

染の安坊ホームページ
https://www.anbo.jp/

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ