search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 離婚し5人の子持ち女性と電撃再婚した“奄美の大家族”のビッグダディ トホホのてん末(1)

離婚し5人の子持ち女性と電撃再婚した“奄美の大家族”のビッグダディ トホホのてん末(1)

 テレビ朝日系列で放送されている「痛快!ビッグダディ」。その主人公の父親といえば、林下清志さん(46)。そのシリーズが10月1日に、3月26日以来、約半年振りに放送された。

 さる5月12日にリアルライブでお伝えしたが、今年に入ってビッグダディ家には激震が走った。冷えた関係になっていた復縁した妻・佳美さんとは、年明けに同じ相手と2度目の離婚。
 ここまではまだよかったが、ビッグダディは勤務する愛知県豊田市のよこやま接骨院で、介護士として働いていた5人の子持ちのシングルマザーの美奈子さん(28)と交際を始めた。意気投合した美奈子さんとは4月に電撃再婚。彼女のお腹にはすでに12月に出産予定の子どもができており、ビッグダディの速攻と繁殖能力の高さには驚くばかりだ。
 すでに豊田で父と同居していた長女以外に、奄美には11人の子どもがいたが、前妻の佳美さんが連れ子の三つ子と復縁した際に産まれた末娘を引き取ったため、残った子どもは長女を含め計8人。このうち、高3の次男と高2の三男は、学校の関係でそのまま奄美に残ったが、他の子どもたちは父の再婚を機に豊田へ大移動。自分の子8人+美奈子さんの子5人の合計13人の子持ちとなったビッグダディは、奄美に残った2人を除く11人の子どもたちとの新生活に入った。

 ビッグダディは夏休み中に新しい家族とともに奄美へ帰ることを希望。住んでいた奄美の大和村大棚地区へ説明のために向かった。しかし、待ち受けていたのは厳しい現実。報道を通じて、この事態を知っていた大棚住民のビッグダディ評は急落していた。「生活のために出稼ぎに行ったのに、奥さんを入れ替えた」として、説明会では厳しい批判を受けるハメになり、奄美への帰還は断念。
 豊田に残るか、新天地を探すかの二者選択を迫られたビッグダディ夫婦だが、新妻の強い希望により移住を選択。島根県隠岐諸島にある中ノ島(海士町=あまちょう)への移住を計画し、ビッグダディは漁師に転職すべく、8月下旬に漁業体験をし社長面接を受けた。
 ところが、結果は不採用。ビッグダディはすでに中ノ島に行くつもりで、接骨院を辞めており無職。住居は接骨院の寮で、そのアパートに自費(家賃3万8000円)でもう1部屋借りていたが、退職した以上、寮からは出て行かなければならない。新妻は新学期に間に合わせるためという理由で、8月中の移住を強く主張した。
 途方に暮れたビッグダディは、「もう確実に食べていけるならどこでもいい」と半ばやけくそ。美奈子さんに相談なしで、新たな移住候補先をピックアップし、話を聞きに行こうとするが、ここで美奈子さんが「なんで、相談なしで決めるんだ」と激怒。離婚するしないで、すったもんだしたところで、この日の放送は終了。8日放送分に続くとなった。

 18歳年下妻と再婚したばかりに、完全に歯車が狂ってしまったビッグダディ。元妻が奄美に押しかけて来るまでは、男1人で子ども8人を育てるがんばる父のイメージが強かったが、もはや色欲に弱い無計画人間の印象もぬぐえなくなってきた。ビッグダディの出稼ぎでの豊田での生活は、まさにトホホのてん末を迎えることになった。
(坂本太郎)

※関連記事
あの“奄美の大家族”のビッグダディが離婚し、5人の子持ち女性と電撃再婚で13人の父親に!?
http://npn.co.jp/article/detail/95281363/

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ