search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 堂本剛が今後さらに音楽活動の幅を広げそうな理由

堂本剛が今後さらに音楽活動の幅を広げそうな理由

pic pic

画像はイメージです

 歌手のMISIAが7年ぶりとなるベストアルバム「MISIA SOUL JAZZ BEST 2020」(来年1月22日発売)で、人気デュオ・KinKi Kid」の堂本剛とタッグを組んだことを、一部スポーツ紙が報じた。

 記事によると、同アルバムに剛が作詞・作曲した新曲「あなたとアナタ(feat.Tsuyoshi Domoto)」を収録。剛はボーカルとしても参加しているという。
 剛は16年に「ももいろクローバーZ」へアルバム収録曲「桃色空(ピンクゾラ)」を提供したことはあるが、女性アーティストに提供した楽曲にボーカルとして参加するのは今作が初。

 タッグを組むきっかけとなったのは16年6月、MISIAがレギュラーを務めるNHK FMラジオ「MISIA 星空のラジオ」への出演。
 番組では、ソロでの音楽活動への思いや、楽曲制作についてのトークを繰り広げ、アコースティックのセッションライブで、剛のソロデビュー曲「街」など3曲を披露。
 「あなたとアナタ」は、MISIAの音楽性を深く理解した剛が、ぜひMISIAに、とプレゼントした楽曲だというのだ。

 「以前から相方の堂本光一との不仲説がささやかれていた剛だが、嵐の来年いっぱいでの活動休止など、ジャニーズ事務所の諸事情で屋台骨を支えているKinKiは活動休止も解散もできない状況になってしまった。それではあまりにも剛のフラストレーションがたまってしまうので、今後、音楽活動は他のアーティストのコラボやタッグを事務所が全面的に容認することになったようだ。おそらく、KinKiの活動よりも盛んになるのでは」(芸能記者)

 剛といえば、SHAMANIPPON シャーマニッポン、ENDRECHERIなどのプロジェクトで活動中。ますます忙しくなりそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ