search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 「シャッフルBISTRO」封印されたワケ

「シャッフルBISTRO」封印されたワケ

 2016年12月31日解散したSMAP。公の場で5人が最後に揃ったのは昨年12月26日放送のフジテレビ「SMAP×SMAP」。最終回は5時間の特番が放送されたが、ほとんどが総集編。ネット上では不満の声も数多く上がったが、実は同番組において、あるコーナーが中途半端な形のまま終了している。

 それは番組開始20年目突入イヤーの特別企画として行われた「シャッフルBISTRO」。SMAPメンバーの1人がゲストとして迎えられ、一人はオーナーを担当し、そして残りのメンバーがシェフとして料理をふるまうという企画。

 第1回目は2015年5月11日に放送され、オーナーは中居正広、ゲストは草なぎ剛。第2回目は同年8月10日に放送され、オーナーは草なぎ、ゲストは香取慎吾。第3回は同年11月16日に放送され、オーナーは香取、ゲストが木村拓哉。第4回は2016年2月8日に放送され、オーナーは木村、ゲストは稲垣吾郎だった。そして実現できなかったのは、第5回予定のオーナーが稲垣、ゲストは中居という組み合わせ。

 SMAPの解散が発表された8月以降、通常回では「BISTRO SMAP」が主に放送されたが、「シャッフルBISTRO」は実現されなかった。

 「この企画はSMAPメンバーのみの出演になるため、実現が難しかった。解散発表後には『BISTRO SMAP』が放送され、様々なゲストが出演しましたが、ゲストがいるから成り立っていたようなもの。メンバーだけでは正直、空気感が耐えられるようなものではなかった。メンバー間の確執はやはりあったのでしょう。中でも中居が企画実現を渋ったようです」(テレビ関係者)

 幻の回となってしまった第5回。特に中居がゲストという特別なパターンということもあり、ファンとしては是非見たかった組み合わせだったのではないだろうか。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ