search
とじる
トップ > ミステリー > ミサイル!?葉巻型UFO!?謎めいた小惑星「オウアムア」

ミサイル!?葉巻型UFO!?謎めいた小惑星「オウアムア」

pic pic

画像はイメージです

 現在、はるかかなたの宇宙から我々の太陽系を目がけて奇妙な物体が接近し、遠ざかっているという。その物体がこちら。長く先細ったこの物体は、まるでミサイルのようだ。しかも、この物体は内部が高温であり、全体的に赤く光って見えるという。

 2017年10月19日に発見されたこの物体は、その速度と軌道から小惑星であるとみられている。

 ハワイ・ホノルルの天文学研究所のカレン・ミーチ(Karen Meech)博士らは、チリの超大型望遠鏡の観測結果から、この物体が大きさ約400mで、常に回転しており明るさが大きく変動するなどの特徴があると発表した。

 観測内容から判断して、この物体は岩石や金属からなり密度が高く、水や氷はないという。また、長時間にわたる宇宙線の照射の影響で表面が赤くなっていると考えられるという。

 これらの観測結果から、この小惑星は別の星の周りで形成された後に何百万年もの間、宇宙空間をさまよい、太陽系まで接近してきた可能性があると考えられている。

 ワシントンDCにあるNASAの科学ミッションディレクター、トーマス・ツルーチェン(Thomas Zurbuchen)氏は、今回の小惑星の発見を「我々の太陽系の成り立ちや、他の天体の形成を研究するための新しい手がかりになり得る」と述べている。

 この小惑星は現地のハワイ語で「遠くからの来訪者」を意味する「オウアムア(オウムアムア)」と名付けられた。

 そんなオウアムアの追跡調査は現在も続けられており、中には衝撃的なことが判明したケースもあった。

 例えば太陽系内を移動中だったオウアムアは猛烈に加速しており、これは太陽系内の惑星の重力以外の力がオウアムアに作用している可能性が高いというのだ。これは「オウアムアの表面から放出された気体物質の噴流」によって引き起こされた可能性が高く、彗星に近い挙動とのことだ。

 そんな点から、オウアムアが小惑星ではなく彗星である可能性や、さらには葉巻型の故障したエイリアンの宇宙船ではないかと考える研究者が出てきたのだ。

 2017年11月に『The Astrophysical Journal』で発表された研究では、オウアムアがエイリアンの高度な技術から生み出された高速艇か、あるいは太陽系を調査に来たエイリアンの探査艇のどちらかの可能性があるという論文が出されており、地球外の知的生命体を調査するSETIの科学者たちは「オウムアムアがエイリアンの宇宙船である」という可能性を探ろうと、何らかのシグナルが出されていないか検証も行っている。

 だが、「オウアムア=UFO説」は否定されている。2017年12月の『Nature Astronomy』によれば、炭素を豊富に含んだ厚さ30センチ以上の黒い皮膜がオウアムア全体を覆っており、彗星である可能性が高いようだ。

 オウアムアは現在も太陽系から遠ざかる形で、猛スピードで宇宙を飛んでいる。

(山口敏太郎)

関連記事


ミステリー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

ミステリー→

もっと見る→

注目タグ