search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「うちの生田すごいんだぞ」乃木坂46、卒業の生田絵梨花にエール 最後の紅白は名曲のピアノ伴奏<紅白リハ>

「うちの生田すごいんだぞ」乃木坂46、卒業の生田絵梨花にエール 最後の紅白は名曲のピアノ伴奏<紅白リハ>

pic pic

乃木坂46(c)第72回NHK紅白歌合戦

 乃木坂46が29日、『第72回NHK紅白歌合戦』のリハーサル2日目に登場。報道陣の囲み取材に、遠藤さくら、齋藤飛鳥、生田絵梨花、秋元真夏、山下美月が応じた。乃木坂は7年連続の出場となり、2016年にリリースされたアルバムの楽曲より『きっかけ』を披露する。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 今年の紅白をもって最後のパフォーマンスとなる生田。グループを卒業する胸中を問われると「今回、私は伴奏させていただくんですけど、演奏していると、みんなと歌って踊っているときと違って、周りの景色を客観的に見られるんですよ。なので、もちろんグループの最後というのと、“ここから巣立っていくんだな”というのを感じながら大切に歌えたらなと思います」とコメント。

 そんな生田のラストステージに、同じ1期生の齋藤は「生ちゃんとは10年一緒に頑張ってきたので、最後の最後にピアノを弾く演出を作ってもらえたのは、同じメンバーとして嬉しいです。“ウチの生田すごいんだぞ”というのを見せつけられると思っています」と笑顔に。彼女と同期でキャプテンの秋元は「生ちゃんとはたくさんの思い出があって、もちろん寂しい思いがあります。“努力家すぎる生田絵梨花”が、メンバーやしがらみを気にせず、楽しめるステージにしたいです」と意気込みを述べた。

 一方、3期生の山下は、自分が乃木坂に加入する前から、生田が紅白で輝く姿を見ていたと回顧。「こうして最後のステージに一緒に立たせていただけて、すごく嬉しいです。来年は、3、4期生がグループを引っ張っていけるようにならないといけないって、一人ひとり自覚しているので、生田さんの背中を見てしっかり学べるステージにしたいと思います」と吐露。また、4期生の遠藤は「すごく寂しい気持ちは大きいんですけど、生田さんにとって素敵なステージになるように努めたいと思います」と述べた。

 そんな彼女たちの温かみのある言葉の数々に「みんな優しい」と胸いっぱいになる生田。感動している彼女の背中を齋藤が手を添える一幕もあった。

 『きっかけ』は乃木坂が2017年初の東京ライブ公演で、そして今年の東京ドームライブでも披露された“節目で歌われることの多い楽曲”だという。生田にとっても、乃木坂にとっても、今回の紅白出場は新たなスタートの“きっかけ”となりそうだ。

取材・文:浜瀬将樹

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ