search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「天才すぎて売れなかった」爆問太田も認める伝説のコンビ、フォークダンスDE成子坂とは

「天才すぎて売れなかった」爆問太田も認める伝説のコンビ、フォークダンスDE成子坂とは

pic pic

爆笑問題・太田光

 元フォークダンスDE成子坂の桶田敬太郎さんが、昨年の11月23日に48歳で亡くなっていたと所属事務所から発表された。相方であった村田渚さんも2006年に35歳で亡くなっている。
 フォークダンスDE成子坂は、30代以上の人間にとっては強い記憶にある芸人と言えるだろう。『今田耕司のシブヤ系裏りんご』(フジテレビ系)においては、ナインティナインや極楽とんぼと共に肩を並べ、『ボキャブラ天国』シリーズ(フジテレビ系)においては、爆笑問題や海砂利水魚(現・くりいぃむしちゅー)らと共演していた。

 成子坂は芸人間の評価が高いコンビとして知られている。爆笑問題の太田光は桶田さんに対し、「あいつは天才すぎて売れなかった」と評価している。太田自身、トガッたキャラであり、時流との折り合いの付け方に苦悩していた芸人である。だが、成子坂はそれ以上に、自分たちの笑いを伝えることに拘り仕事を選んでいたと言える。成子坂は1999年末に解散しているが、それまでにすべてのレギュラー番組を失っていた。当人たちが時流へ迎合することを良しとしなかった側面もあるが、ブッキングをするテレビの制作側も、とっつきにくいイメージのある成子坂を敬遠していた側面もあるようだ。

 2006年に亡くなった桶田さんの相方の村田渚さんについては、2018年に『ザ・発言X あの言葉で人生が劇的に動いた!!』(日本テレビ系)で特集が組まれたこともある。ネプチューンの名倉潤は「渚はお笑いにストイックすぎて、そのアツさを避けていた部分がある」と述懐していた。名倉自身「アツい男」として知られるが、彼ですらついて行けないお笑いに対する熱量が、村田さんと成子坂にはあったと言えるだろう。

 お笑い芸人は、売れた先の目標には自分の冠番組を持つといったMC志向があるが、成子坂はひたすら「漫才、コントをやっていきたい」と考えていたようだ。とことん笑いにストイックなコンビだったと言えるだろう。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ