search
とじる
トップ > 芸能ネタ > マスク姿で握手会…名古屋ご当地アイドルグループに賛否の声

マスク姿で握手会…名古屋ご当地アイドルグループに賛否の声

 名古屋を拠点に活動しているアイドルグループ『dela』が、新型コロナウイルス対策として“マスク姿”で握手会を開き、物議を醸した。

 同グループは2012年に名古屋で結成され、「東京に行かなくてもアイドルになれる。芸能にも地域主権を」をコンセプトに、日本はもとより台湾やハワイ、シンガポール、上海など、海外へ発信を続けている。メンバーの中には『ミスマガジン2018』グランプリに輝いた沢口愛華もいる。

 握手会では出席するメンバーのほぼ全員がマスク姿で、ファンには着用をお願いしたとのこと。また、持参できない人には、備蓄したマスクを配布したという。ファンとメンバーの間には消毒液が置かれ、ウイルス対策には万全を期したというのだが…。

 ネット上では、
《こういう時期だからこそあえて握手会を開くのもいいと思う。マスクしているしね》
《マスク姿でもかわいいな。全力で応援したい》
《開催してくれてありがとう。楽しみにしていただけに中止にならなくてよかった》
《メンバーの顔が見られないのは残念だけど、握手できてうれしい》

 など、喜びの声が聞こえたが、一方で、
《わざわざこの時期に握手会とかバカなのか? 極力感染の可能性があることは控えるべきだろ》
《中止しろよ! アイドルもファンもどっちもリスク高過ぎだろ》
《ちょっと延期すればいいだけだよね。今やる必要があるのか?》
《マスクよりも手洗いが重要といわれているのに握手会って…。呆れてものも言えない》
 など、辛らつな意見も飛び交っている。

「主催者側の話では、イベントに参加するファンは地元の教師や市役所の職員など社会人が多く、仕事のストレスを抱えながら生きているので、握手会に参加してストレス発散し、頑張ってほしいという趣旨のようです。一見、もっともな理由に聞こえますが、もし、教師や市の職員が新型ウイルスに罹患したら、その影響はかなり大きくなることが予想されます。今、絶対にやらなければならないことでしょうかね。ファンにとってはありがたいことでしょうが、対策ワクチンがあるわけでもなく、日本でも死者は日に日に増加しています。ネット上で批判的な声が上がるのも無理はないでしょう」(エンタメ誌ライター)

 アイドルの危機管理に対する取り組みに一石を投じた『dela』だが、どうやら万人からの共感は得られなかったようだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ