search
とじる
トップ > 芸能ニュース > スピワゴ小沢、親友のチュート徳井の現状を明かす 思わずため息も?

スピワゴ小沢、親友のチュート徳井の現状を明かす 思わずため息も?

pic pic

岡本真夜、スピードワゴン・井戸田潤、スピードワゴン・小沢一敬

 スピードワゴンの小沢一敬が16日、都内で行われた歴史シュミレーションゲーム「三國志14」完成発表会に出席。イベント後の囲み取材の際、親友で現在活動自粛中の徳井義実(チュートリアル)の近況を問われると、思わずため息も「毎日、元気にちゃんとやっていると思いますよ」と徳井の様子を紹介した。

 35周年を迎える大人気歴史シミュレーションゲーム「三國志」シリーズの最新作「三國志14」が同日発売された。この日は本ゲームのエンディング曲を歌うシンガーソングライターの岡本真夜と、小沢の相方の井戸田潤も出席してトークセッションが行われた。

 岡本はエンディング曲「旅人よ」について、「オファーをもらって嬉しかったです。歌詞は『三國志』のためのものですが、実は曲のメロディは15年前にすでに作っていたもの」と本曲を紹介。
 「“ザ・ポップス”というテイストではなかったので、この曲にふさわしいところで出そうって思っていたら、15年過ぎてしまっていたんです。『三國志』の話が来た時に、ここだって思いました。『三國志』に出会えたことが嬉しい。作り貯めていた曲を出すことができました」と嬉しそうな表情。

 「三國志」芸人であることを自称するスピードワゴンは、小沢が「僕らの世代は男の子なら半分くらいが三國志が好きだった。マンガが流行ったんです」と「三國志」との馴れ初めを紹介。「『三國志』の志は歴史の史ではなく、志(こころざし)と書くところもまたかっこいい」と語ると、井戸田も「僕も15、6年前に好きになったんです。芸人仲間が『三國志』の話をしていたんですけど、次の日、学校のロケで、そこで中国の歴史年表が張ってあって、『三國志』の時代が実は日本の弥生時代の話であることを知ってロマンを感じて。その帰りに横山光輝先生の漫画を全巻大人買いしたのがきっかけです」と紹介。

 井戸田はその後、登場人物の関羽の虜になったといい、「関羽が好き。知り合いの中国画の先生にお願いして関羽の絵を描いてもらったこともあります。横浜の関帝廟ももちろん行きましたし」と関羽の熱狂的ファンになったとのこと。「どの国の立場で見るかによって切り取り方が変わってきます。それぞれ正義を持っていて、そういった構図が一般社会にも置き換えられます。その人の立場に立つと正義だけど、相手から見るとそうでもないとか。すごく奥が深いなって思います」と「三國志」の魅力を壇上で熱弁。

 関羽の魅力についても、「めちゃくちゃ賢いし、情にも厚く、腕っぷしも強い。でも、最後はあまり強くない敵に油断してあぐらをかいていて処刑されてしまう。そんなところも人間っぽくていいなって。関羽が死んだシーンは知り合いのおじさんが死んだようにすごく悲しい気持ちになった」と話していた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ