search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 女性タレント 飲み会派閥最新情報

女性タレント 飲み会派閥最新情報

 オアシズ・大久保佳代子(42)が、年下男性を自宅マンションに“お持ち帰り”していたことが先日、話題になった。都内レストランで親友の女芸人・いとうあさこと3人で一緒にいて、その後、大久保と男性の2人が大久保の自宅マンションに帰ったという話だったが、大久保といとうのように、女性タレントの飲み会派閥はいくつかある。その最新事情を探ってみた。

 かつては沢尻エリカの沢尻会、最近では小泉今日子の小泉会が話題となったが、今も健在なのが、神田うのが中心の“うの会”という。

 「産院が同じだった青山祐子アナ、中西モナ、東尾理子、倖田來未。さらにうのプロデュースのウエディングドレスで挙式した木下優樹菜、ほしのあきがメンバー。うのはウエディングドレスとストッキングのプロデュースで年商100億円の実業家でもある。そのためビジネスやブログの書き方などについてアドバイス。それが厳しく、最近、倖田とほしのは脱退したとも言われています」(芸能ライター)

 ほかには、どんな派閥があるのか。

 「近藤春菜の“春菜会”。近藤は安室奈美恵と毎日メール、吉高由里子とは週3で飲み会、パフュームのあ〜ちゃんとも親しい。そして千秋の“千秋会”。紗栄子、冨永愛、松任谷由実、山口もえなどがいる。千秋も子供服ブランドなどの副業で年商50億。“うの会”同様、ビジネス色が濃いのが特徴。最近、千秋は手芸の腕を見込んで、光浦靖子をスカウトしているとか。さらに山崎静代の“しずちゃん会”。鈴木京香と焼肉友達で、井上和香、岩崎恭子とも仲がいい」(同)

 これからもいろいろな派閥が出てくるのだろう。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ