search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「不倫したのに宣伝しようとして…」後藤真希、インスタ再開も辛辣な意見 イメージ回復は難しい?

「不倫したのに宣伝しようとして…」後藤真希、インスタ再開も辛辣な意見 イメージ回復は難しい?

pic pic

後藤真希

 タレントの後藤真希が公式インスタグラムの再開を報告したものの、ネットから批判の声を集めている。

 後藤といえば、今年3月に元恋人の男性と不倫していたことが「文春オンライン」(週刊文春)の報道で発覚。その後、後藤の夫と不倫相手との間で裁判にまで発展していたものの、先月、互いに金銭的な要求をしないという条件で和解が成立したと報じられていた。

 後藤は不倫報道後、インスタグラムをストップさせていたが、1日になって約4か月ぶりにインスタグラムを更新し、「今日からまた #まきふく あげていきます」と、洋服のコーディネート写真をアップしていくことを宣言。「皆さんの応援に応えられるよう、私に出来る事を一生懸命頑張ります!これからもよろしくお願いします」とつづっていた。

 これまではコメント欄をオープンにしていた後藤だが、この投稿ではコメント欄はクローズに。しかし、ネットからは「吉本騒動に紛れて再開しようと思ったの?」「どんな投稿してももうイメージ回復は無理」「メディアに出られるのがある意味スゴイ。普通じゃ恥ずかしくて出られない」といった厳しい声が集まっている。

 「以前から特定のブランドのアイテムを使ったコーディネートを披露していた後藤ですが、実はステルスマーケティングも多いことでも知られています。一部報道によると、夫と不倫相手の裁判で夫が和解を選択したのは、長引く裁判でこれ以上後藤のイメージが落ちてしまうことで、収入がさらにダウンすることを懸念したからとも言われています。和解後、早速インスタを始めたのはステマで広告料を稼ぐことにありそうですが、ここまで後藤がイメージダウンしてしまうと、ステマをしても商品の宣伝になるどころか、逆効果になってしまう懸念もあります」(芸能ライター)

 ネットからは続々と「ブランドの宣伝したいだけでしょ?」「この期に及んでSNSでお金稼ごうとしても無理」「不倫した人にはもう誰も憧れないし、二度と広告になれないと思ったほうがいい」という批判が集まっている。果たして、このイメージを回復することはできるのだろうか――。

記事内の引用について
後藤真希公式インスタグラムより https://www.instagram.com/goto_maki923

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ