search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 藤崎マーケット田崎だけじゃない「がん」になった若手芸人

藤崎マーケット田崎だけじゃない「がん」になった若手芸人

pic pic

吉本興業 公式サイトより

 「ラララライ体操」のブレイクでもおなじみのお笑いコンビ、藤崎マーケットの田崎佑一が、腎臓がんで入院していることがわかった。田崎はこの8月に一般人女性との入籍を前に、人間ドッグを受診したところ、左の腎臓に腫瘍が見つかった。幸い早期発見であり、11月22日に摘出手術を受けて、経過は良好だという。がんは中高年の病気という印象が強いが、36歳の藤崎のように若くしてがんになる芸人はほかにもいる。

「はんにゃの川島章良は、32歳の時に早期の腎臓がんになっています。田崎に同じく、結婚前に人間ドッグで体の検査をしたところ、がんが発覚しました。この時、恋人は妊娠していたため、『赤ちゃんががんを見つけてくれたのでは?』と優しい言葉をもらったエピソードを『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)で披露していましたね。当時のはんにゃは仕事が忙しく、正月休みを利用して手術を受けたそうです。現在は、病気の体験をもとにした講演活動なども行っています」(芸能ライター)

 田崎や川島の場合は、早期発見であり仕事の復帰がかなった。だが、残念なことに亡くなってしまった芸人もいる。

「カンニング竹山の相方として知られた中島忠幸は、33歳だった2004年12月に“血液のがん”と呼ばれる白血病を発症しました。最初は疲れやすい症状が出ており、ブレイク直後で仕事が忙しかったため、そのせいかと思われていたようですが、大きな病気が潜んでいました。2006年1月に臍帯血移植を受けて快方へ向かうも、12月20日に35歳で肺炎で亡くなります。カンニングというと竹山のキレ芸ばかりが注目されますが、実際は中島の方が喧嘩早いことで知られていました。元板前の経歴を活かし、テレビの料理企画などでも活躍していましたね」(前出・同)

 若手芸人は不規則な生活のほか、飲酒、喫煙、暴飲暴食などによって体を壊す者が多い。くれぐれも健康には留意してもらいたい。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ