search
とじる
トップ > スポーツ > 新日本がマイケル・エルガンと金光輝明の退団を発表。エルガンは世界で争奪戦か?

新日本がマイケル・エルガンと金光輝明の退団を発表。エルガンは世界で争奪戦か?

pic pic

マイケル・エルガン

 新日本プロレスは所属選手だったマイケル・エルガンと、金光輝明との契約が3月31日で終了したと発表した。

 エルガンは2015年7月に新日本プロレス『G1クライマックス25』で初来日して以降、パワフルなファイトと愛嬌あるキャラクターでファンに愛される存在に。棚橋弘至とタッグを結成するなど、新日本本隊の助っ人外国人選手として活躍した。2016年3月3日には、新日本プロレスと複数年契約を結んだことを大田区大会のリング上で発表し、新日本へ入団。ヘビー級の強豪外国人選手として、数々の選手と好勝負を繰り広げた。

 同年6月にはケニー・オメガからIWGPインターコンチネンタル王座を奪取。かつて新日本マットで大暴れしたクラッシャー・バンバン・ビガロや、スコット・ノートンを彷彿とさせるパワーでファンの度肝を抜いた。ちなみに翌年1月の東京ドーム大会では、時間差バトルロイヤルでノートンと同じリングに立っている。

 エルガンは新日本との話し合いの末、新日本を退団することとなったという。最後に参戦した『ニュージャパンカップ2019』では1回戦でオカダ・カズチカに激闘の末敗退している。フリーとなったエルガンを世界の団体は放っておくわけもなく、WWEやAEWなど複数の団体が争奪戦を繰り広げるとみられる。新日本で肉体改造に成功し、テクニックにも磨きをかけたエルガンの次なるステージに期待したい。

 また本格復帰へ向けて治療やリハビリに専念していた金光も退団という運びとなった。金光は大学時代に、アマレスリングのグレコローマンスタイルの全国大会で活躍した実績を持つ。2014年12月、新日本の入門テストを受けて合格。翌年、大学卒業とともに入団した。2016年1月3日に行われたディファ有明大会(大プロレス祭り)で、田中翔(現SHO)を相手にデビュー。端正な顔立ちで人気を集めていたが、同年11月に頚椎を損傷、長期欠場を余儀なくされた。昨年12月に復帰戦を行ったものの、本格復帰はかなわなかった。

 金光は「今まで応援してくださったファンの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。ただこういう形で終わりを告げるのは自分としては不甲斐なく、申し訳ないというのが正直な気持ちです。これからは無期限武者修行という気持ちで、新日本プロレスの名に恥じぬよう別の道を歩み、精進致します。今後とも応援よろしくお願い致します」とコメント。今後は別の道を進むと明らかにしている。

文・写真 / どら増田

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ