裁判長ものけぞった新井浩文「わいせつ淫語」法廷(1)

芸能ネタ 週刊実話 2019年09月16日 22時03分

裁判長ものけぞった新井浩文「わいせつ淫語」法廷(1)提供:週刊実話

 派遣型マッサージ店の従業員の女性をレイプしたとして、強制性交罪に問われている元俳優の新井浩文被告(40)の初公判。新井被告側は「レイプ目的ではなかった」と否認したため、女性の“合意の有無”が争点に。真っ向対立する新井側と、検察側の女性に対する証人尋問では、AV顔負けの“淫語”まで飛び出す異様な展開となった。

 9月2日午前10時、注目の初公判が東京地裁で開廷した。

 ぼさぼさ頭でラフなファッションがトレードマークの新井被告だが、この日は黒のスーツに黒ネクタイで髪型も整え、神妙な面持ちで法廷入り。女性に謝罪の言葉は述べたものの、罪状認否では「暴力は一切やっていません。それと、同意があったと思っています」と、よどみない口調で潔白を主張した。

 波乱は、その直後だった。裁判長から意見を求められた弁護側は次のように主張。
「性交した事実などはその通りだが、頭を両手でつかむことなどはしていない」
「女性の膣が濡れていたため、新井さんは同意したものと勘違い(誤信)して行為に及んだ」

 つまり、レイプではなかったと強調したのだ。

 傍聴した司法クラブ記者が語る。
「強制性交罪は、刑法177条で、『暴行又は脅迫を用いて性交』した場合と規定されています。新井被告は、女性の膣が濡れていたのでOKサインだと早合点して挿入してしまっただけで、暴力や恫喝などをしたわけではなく、強制性交罪にはあたらないという趣旨です」

 その後、別室で待機していた女性に対する検察側からの証人質問に移った。女性は、マイクを通じて詳細に当日の様子を証言した。

 まず、当該のマッサージ店のホームページでは、従業員の顔と本名が記載されていることを指摘し、「実名顔出し店であり、性的サービスを前提とした業種ではない」ことを主張。同僚から新井被告について「手首をつかまれたことがある」と注意を促されるなど“問題客”だったと明かした。

 当日の新井被告は総額1万8500円の90分コースを依頼。自宅に派遣された女性に対し、新井被告は冒頭から股間周辺にあたる「鼠径部」の重点攻撃を注文したという。

 要求通り、女性が太もものマッサージをしていると、新井被告は次第に息遣いが荒くなり、
「もっと奥」
「コスって」
 と手コキを求めた。

 興奮状態の新井被告は、拒む女性の手をつかみ、無理やり股間に押し付ける。行為はさらにエスカレートし、女性のTシャツをめくり上げてブラジャーをずり下ろし、強引にズボンとパンツまで脱がせた。
「舐めて」

 新井被告のいきりたった陰茎を口元に押し付けられるも、女性は頑なに拒否。“強制フェラ”を諦めた新井被告は、女性の上に乗り、必死に陰部を押さえて防ごうとする女性のガードをこじ開けて遂に挿入に至った。
(明日に続く)

ピックアップ
芸能ネタ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る