「おかあさんといっしょ」よしお兄さん卒業でトレンド入り 歴代最長、絶大な人気のワケ

芸能ニュース 2019年02月18日 19時35分

「おかあさんといっしょ」よしお兄さん卒業でトレンド入り 歴代最長、絶大な人気のワケ画像はイメージです

 「おかあさんといっしょ」(NHK・Eテレ)の出演者交代発表会見が18日、東京・渋谷の同局で行われ、「11代目体操のお兄さん」を14年間務めてきた小林よしひさと、身体表現のコーナー「パント!」のお姉さんを7年間務めてきた上原りさがともに3月いっぱいで番組を卒業すると発表された。

 「おかあさんといっしょ」は、低年齢児の情緒や表現、言葉、身体などの発達を助けることを狙いとした番組で1959年にスタート。小林は2005年4月から14年間にわたり、「よしお兄さん」として子供たちに親しまれてきた。番組では元気いっぱいの振り付けで人気があった体操「ブンバ・ボーン!」の印象が強い小林だが、実は当初の体操は別のもの。2014年3月までは「ぱわわぷたいそう」という体操をしていた。ブンバ・ボーンに変わったのは2014年の4月からとのこと。開始の合図は「ウッ!ハッ!」だった。

 小林はスタジオの子供たちを1人でまとめて「ブンバ・ボーン」をしている姿が人気だった。ブンバ・ボーンの最中もスムーズに歌って踊りながら子供たちをフォローしたり、他の出演者が前に出ている間も後方で子供たちと優しく接していた。これが子供にも保護者にも好評だった。

 小林の務めた14年間は同番組の「体操のお兄さん」「歌のお兄さん」「歌のお姉さん」も含めて歴代最長だった。

 この報道を受けて、「兄さん卒業」「かあさんといっしょ」や「ブンバボン」がそろってツイッターのトレンドに入り、大きな話題となっている。

 「長男のころから見てたから寂しくなるなぁ…4月から三男と見るころには2人はいないのかぁ」「衝撃の事実に子どもが涙目」「当時3歳の子も、もう17歳になってると思うと素晴らしい活躍でした」「よしお兄さん、りさお姉さん、長い間お疲れさまでした」

 ネット上では小林の卒業を惜しみつつ、感謝する声が飛び交うこととなった。

 12代目・体操のお兄さんには福尾誠、初代「体操のお姉さん」には秋元杏月がそれぞれ就任するというが、ネット上では早くも“よしお兄さん・りさお姉さんロス”の様相を呈している。4月からの新しいお兄さん、お姉さんの活躍にも注目が集まる。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る