search
とじる
トップ > アイドル > ジャニーズJr.内の人気ユニット、全メンバーが退所 タイミングをめぐる噂とは

ジャニーズJr.内の人気ユニット、全メンバーが退所 タイミングをめぐる噂とは

pic pic

画像はイメージです

 ジャニーズJr.内の人気ユニット「Love-tune」のメンバー7人が事務所を退所することが11月30日発表された。

 Love-tuneは安井謙太郎をはじめとするジャニーズJr.の人気メンバー7名のユニットで、2016年5月に結成。2017年10月には初の単独ライブ「Love‐tune Live 2017」が行われ、ダンスと歌のほかバンド形式を押し出したグループで、次世代のジャニーズを担う若手グループとして将来を期待された存在だった。ジャニーズによると、Love-tuneは解散と同時に7人のメンバーのうち5人が退所。森田美勇人は年内いっぱいで、安井は2019年3月31日をもって退所となる。

 この人事はメンバー内の人気メンバーで、ピンでの仕事も多い安井、森田の事務所仕事が一段落するのを待っての退所と思われるが、その一方、安井の退所時期が他のメンバーに比べ3〜4か月と大幅に遅れていることに対し、以下のような説もある。

 それは安井をはじめとする「元Love-tuneの反逆」を未然に防ぐための作戦だったのではないかという説だ。

 「今Love-tuneのメンバー全員がジャニーズを出ていけば、『新しい地図』のように事務所への反逆者を一気に7人野に放つことになります。特に危険視されているのは安井さんで、今、安井さんは非公式の形ではありますが、ジャニーズJr.の中ではリーダー的な役目を果たしており、Jr.内ではカリスマ的な人望があります。安井さんの統率の元、Love-tuneや彼を慕うJr.メンバーをひとまとめにすれば、これはジャニーズにとっても脅威であり、なんとしてもタイミングをズラしたかったのではないでしょうか」(某芸能記者)

 また、退所後のLove-tuneに関しては、以下のような展望も推察されている。

 「安井さんは以前から、元SMAPのメンバーや飯島三智さんと個人的な付き合いがあり、今、安井さんが抜ければLove-tuneのメンバーを連れて『新しい地図』が在籍するCULENへ合流するのは火を見るより明らかです。恐らく、Love-tuneの元メンバーと飯島さんの合流の動きを封じ込めるのが目的で4か月間、ジャニーズ事務所内で『干す』ことに決めたのではないかとされています」(前述の某芸能記者)

 ついに、ジャニーズJr.のトップからもクーデターを起こされそうなジャニーズ事務所。2019年を前に新たな火種が燻りはじめているのか……。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ