search
とじる
トップ > レジャー > 「最近は内枠有利なの思い出した」 小倉記念 藤川京子の今日この頃

「最近は内枠有利なの思い出した」 小倉記念 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 今年の全出走馬好走平均距離に近いのは14年でしたが、この時は稍重だったので、次に近い昨年のレースに当て嵌めてみました。この時は最内を攻めた斤量52kgのタツゴウゲキが斤量54kgのサンマルティンを交わしてハナ差で勝ちました。しかし、フォーキャスト関数では斤量を無視した方が3着までの馬を当てやすい結果でもありました。これを踏まえて、今年のメンバーを昨年のレースに当て嵌めます。

 昨年の1着、3着は七夕賞組でしたけれど好タイム実績のある馬でした。今年の七夕賞はスローペースで何処まで当てになるか疑問なので、好タイム実績のある馬を見て行きます。そうなるとキョウヘイ、サンマルティン、トリオンフが有力で、マイネルサージュ、ストロングタイタン、ストーンウェア、マウントゴールド、サトノクロニクルがそれに続きます。

ストロングタイタンとトリオンフは、鳴尾記念で好タイムのワンツーでした。近年の鳴尾記念はタイムが異常に出やすいのですが、それでも好タイムだと思います。この時は両馬とも今回は斤量が1kg増えますが戦って来たところは強いので、着順悪いのもありますがそれほど気にする必要はありません。寧ろ、直線が短いので、少し前で競馬をする馬の方が安心です。

 そうなるとやっぱりこの2頭が有力だと思います。但し、昨年の2着馬のサンマルティンが前走の都大路Sで復活の狼煙を上げました。この時は前にいたストロングタイタンを抜き去って行きました。それと思ったほど、好タイム実績が無いのがサトノクロニクル。3000mでは好タイム実績があるのですが、距離が違い過ぎて参考にしづらいところもありますが鞍上と戦歴を考慮すれば侮れない存在です。復活と言えば前走で穴をあけたメドウラーク。偶然でなければ不調になる前には好タイム実績がありますが七夕賞組からの参戦で斤量が上がって馬券に絡んだ馬は少ないです。3連馬券を買う人は一応念のため入れても良いと思います。

 サンマルティンとトリオンフのせん馬組が良さそうで、頭数も少ないですが意外に荒れるかもしれません。内枠有利も考慮した買い方もします。

ワイドBOX 12、7、10、11
ワイドBOX 4、6、1、3

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ