search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 石炭王を振った“蓮さま”紅白司会に名乗り

石炭王を振った“蓮さま”紅白司会に名乗り

 紅白司会はやはり仲間由紀恵か。NHK内での評価はとどまることを知らない。

 NHKの朝ドラ『花子とアン』は開始から高視聴率のまま推移したことに、主演の吉高由里子の立場が安定的なものとなったが、「局内では仲間さんの評価が高いですね。脇にこれだけの女優が置けたことが、この数字に反映されただろうし、主演だけが突出してもこれだけの数字はなかっただろうといわれている。それに現場でも評価も高い。朝ドラは長丁場だし、終盤になれば得てしてストレスが溜まり、現場も殺伐な雰囲気になりかねないんですが、うまく吉高さんをフォローできていた」とはあるNHK関係者。

 仲間にとっても今回の好成績は大きい。「『ごくせん』にしても『TRICK』にしても代表作品は多いんですが、その後が続かなかった。むしろ、コメディー以外は当たらないのではとさえ言われるほどでした。それが、今回の朝ドラはこんな役も出来るんだ、当たるんだと業界内で認識は変わりましたね」とはある民放関係者。

 NHKとの関係も、より良好になっているのも仲間にっては大きい。「夏の紅白」といわれているNHKの大型音楽番組『思い出のメロディー』でも今年は司会を務めたがこれも、その良好ぶりの表れだ。「この『思い出のメロディー』と紅白の司会が連動することはあまりないのですが、今年に限っては仲間の線が十分あるといわれている。もともと紅白司会の実績はあるし、それに、今年は局内での人事異動もあって、NHKの芸能番組部もかなり人材が変わった。その年の紅白は最大の見せ場となるし、失敗は許されない。そうなると、安定感は求められるでしょうからね」と前出のNHK関係者。

 主役を差し置いてと批判も出るかもしれないが、仲間なら問題ないはずだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ