「今の時期にメンバーって言うな」諸星和己、ハマスタでぶっちゃけトーク炸裂

アイドル 2018年05月25日 12時40分

「今の時期にメンバーって言うな」諸星和己、ハマスタでぶっちゃけトーク炸裂諸星和己

 24日に横浜スタジアムで行われた『DeNA−中日戦』で元光GENJIの諸星和己が登場し、始球式とライブを行った。

 去年の始球式では、ドラゴンズ京田選手にデッドボールをぶつけてしまう”アクシデント”があり、それについて、「あれはラミレス監督や、コーチに指示されたことではありません!スポーツにはルールがある。フェアプレーから感動が生まれるんです!」と、今話題沸騰中の”日大アメフト事件”を匂わせるトークで、スタジアムを爆笑の渦に巻き込んだ。

 始球式後の取材に応えた諸星。例の”日大事件”に触れ、「俺なら監督やコーチの指示には従わない。そんな性格だから事務所はすぐ怒った」と過去の自身の経験と照らし合わせていた。今日は始球式ということで、野球経験を問われると「ピッチャーで4番でキャプテンだった」と即答。なぜなら「それ以外ではやらないから」という理由から。事務所とうまくいかなかったのも、なんだか頷ける。

 去年の「来年は(元光GENJIの)7人で来たい」の発言はどうなったのかを聞かれると、「マネージャーにメンバー揃えろ、メンバー揃えろって、メンバー連呼したら今の時期にメンバーって言うなって叱られた」とブラックジョークを炸裂させた。これは取材の時だけの発言だと思いきや、なんとライブのトークでも披露し、会場はまたまた大ウケ。大っぴらにこの件を話せるのは、自由人“カークン”だけかもしれない。

話は一転、先日亡くなった西城秀樹さんの話題になると、表情もぐっと引き締まり、「(男性アイドルの)パイオニアだった。すごくショックです。いろいろアドバイスを頂いたことは、心にしまっておきます」と語り、「YMCAを踊れるようになるって、自分を奮い立たせるためにリハビリをしていたのかな」としんみりと振り返っていたが、最後には「明るく、前向きに送り出したい」と気持ちを切り替えていた。秀樹さんもきっと、落ち込む諸星は見たくないだろう。

 野球を見に来ているお客さんを、歌とダンスとトークで大満足させてしまう諸星。「来年も来てね〜」と叫ぶファンが何人もいた。

 何年経っても諸星和己は、永遠のスーパースターであることを、再確認させられた夜だった。試合は、DeNAが3回裏のロペス15号2ランと筒香12号ソロによる3点を投手リレーで守り抜き、3対2で勝利した。先発の東は4勝目を挙げた。

関連画像
  • 「今の時期にメンバーって言うな」諸星和己、ハマスタでぶっちゃけトーク炸裂
ピックアップ

パナソニック・吉川峻平投手が来季メジャー移籍 今後直接MLBに入る選手が増える?
2018年08月18日 17時15分 [スポーツ]

アイドル新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る