search
とじる
トップ > 芸能ネタ > アンチ増殖中、にゃんこスター・アンゴラ村長に求められる“キャラ変”

アンチ増殖中、にゃんこスター・アンゴラ村長に求められる“キャラ変”

 『キングオブコント2017』で準優勝を果たし、今年度下半期の芸能界に彗星の如く現れたにゃんこスター。その女性メンバー、アンゴラ村長の“アンチ”が増殖している。検索をかけると「嫌い」「ブサイク」といったネガティブワードが予測変換に登場する。なぜここまで嫌われてしまったのだろうか。

「アンゴラ村長は、小動物系のルックスで、当初は多くの男性ファンを獲得するも、直後に相方のスーパー3助との交際が発覚し、ファンにとっては“悲報”となってしまいました。さらに、Twitterの過去の発言がピックアップされ、“もっとブスでデブで貧困に生まれていたら、勉強がんばるのだけど”といった高飛車な発言も話題となりました。男性よりは女性のアンチが多い印象を受けますね」(放送作家)

 アンゴラ村長は、早稲田大学文学部卒の才女であり、現在はITベンチャー企業に勤務中だ。いまだに公務員の両親から月15万円の仕送りを受けており、そうした“ハイスペック”な要素も嫉妬の対象となり、アンチを増殖させるのかもしれない。そんな彼女に期待されるのは、ある種の開き直りではないだろうか。

「性格の悪さを全面に押し出すようなぶっちゃけキャラになれば、面白いといえるかもしれません。いまや人気司会者となった有吉弘行も、楽屋の芸人間で受けていた口の悪さを全面に押し出す“あだ名芸”によって、どん底からのブレイクを果たしました。アンゴラ村長の場合も、高学歴や彼氏持ちの“リア充”キャラを押し出し、アイドルや女性タレントと対決するといったキャラが期待されます」(前出・同)

 ただでさえ飽きられやすい、リズムネタしかないコンビの弱点を克服するには、アンゴラ村長の“キャラ変”もひとつの手段かもしれない。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ