search
とじる
トップ > レジャー > 「これがまだ、あるんだな」 ホープフルステークス 藤川京子の今日この頃

「これがまだ、あるんだな」 ホープフルステークス 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 有馬記念が終わると今年ももう終わりなんだと体に染み付いてしまっているのですが、この年末ホープフルステークスが始まってからは密かに楽しみになっています。2歳戦なのがまた良いのかもしれません。有馬記念の様に頂上決戦というわけではないので、どの馬にもチャンスがありそうに思えるのです。

 でも、今年は前走の東スポ杯が横一線の決着になってしまったので、微妙な所ですが、それでも、前走は前が塞がりそうだったので、外へのコース変更の為に追い出しが遅れたニシノデイジーはそれでも勝ちました。やはり強いですが、ゴールは4頭が同タイムで、ちょっと危なかったです。これは東京での話なので、中山となると直線の距離が違うので、話は変わりますが、前走の走りを見る限りは中山の右回りの方が逆に良いかもしれません。
 中山だと言う事を重点に置くと前走で、中山に近い感覚だと私が勝手に思っている京都を勝って来たサートゥルナーリアも気になります。持ち時計が2戦とも遅いのが気掛かりですが、前走は余裕の走りで、力を余しているように見えました。

 東スポ杯でニシノデイジーと同タイムだったヴァンドギャルドに割って入って来るかもしれませんし、同じく京都で勝って来たコスモカレンドゥラにも同じ事が言えますが、持ち時計が遅すぎるのが気になります。

 タイムでは見極めが難しいとなると、実績を比べるとニシノデイジーが勝った札幌2歳Sは、京都2歳Sで勝ったクラージュゲリエは3着でした。ゴール前はニシノデイジーに迫ったのですが、届かなかったという結果です。ニシノデイジーとクラージュゲリエの力差が同じだと考えると、前走の京都2歳Sで唯一、クラージュゲリエに食い下がって行けたブレイキングドーンが紐になる可能性が高いです。

 それとまだ1戦ですが、端を切って最後に更に伸びたキングリスティアも中山が合っているかもしれません。意外な伏兵の可能性もあります。
そうなると、馬券的にはニシノデイジーが来るならヴァンドギャルドとブレイキングドーンも有りで、前走の紫菊賞と萩ステークスの可能性を考慮するなら別な馬券が必要かもしれません。
ワイドBOX1、2、3、11
ワイドBOX1、8、5

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ