search
とじる
トップ > 社会 > 『モーニングショー』玉川徹氏、日韓関係に「謝罪続けることが大事」発言で疑問の声

『モーニングショー』玉川徹氏、日韓関係に「謝罪続けることが大事」発言で疑問の声

pic pic

画像はイメージです

 25日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)で、日韓関係について取り上げたものの、その中でコメンテーター、玉川徹氏が口にした発言内容が物議を醸している。

 この日、番組では24日に行われた日韓首脳会談について特集。その中で安倍晋三首相は韓国の文在寅大統領に、日韓関係悪化の原因となった徴用工問題について、韓国政府の責任で解決していくべきだと示し、両首脳は同問題の解決に向けて対話していくことに同意していたが、『モーニングショー』では、これについて「“関係改善”で一致」と報道した。

 また、この話題の中で話を振られた玉川氏は、両国にとって対立するのに利益はないと前置きし、「それだけ対立したっていずれは解決しなくちゃいけないっていう方向に行くんですね」とコメント。また「その背後にある歴史認識の問題。そういうところに結局は行き着くんですよね。それをどうやって解決していくのか」と、根本的な部分にある歴史認識のズレを解決しなければならないとした。

 さらに玉川氏は、「他者(韓国)のことは変えられないです」とし、「じゃあ日本側が何ができるかって言えば、やっぱり日本は謝罪をしてきたし、反省もしてきたんだけど、その姿勢をずっと続けるっていうことだと僕は思うんですよね」と強調。韓国の教科書に「日本は一時期、植民地支配もあって韓国に対してこういうことをやったんだけど、戦後の政府は一貫して謝罪と反省を続けている」という内容が載る時代になってこそ、初めて国民感情が改善するとした。玉川氏は「だから(謝罪や反省を)やっぱり続けることが大事」と力強く語っていた。

 しかし、玉川氏のこの主張にネットからは、「いつまで謝ればいいの?安倍首相が言っているように、子孫の代まで謝罪を続けさせないようにする義務が、上の世代にあると思う」「いままで何を見てきたんだろう…今解決できるかどうかが正念場なのに」「謝罪し続けても今この状況。日本に謝罪がまだ足りないとは到底思えない」という疑問の声が多く集まってしまった。

 反感を呼びがちな玉川氏の発言。日韓関係についての問題では特に波紋を広げてしまうようだ。

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ