大河放送にも影響? 動画配信で沢尻主演『ヘルタースケルター』が人気作に急浮上し話題

芸能ニュース 2019年11月21日 12時00分

大河放送にも影響? 動画配信で沢尻主演『ヘルタースケルター』が人気作に急浮上し話題沢尻エリカ

 Amazon Prime VideoやNetflixなどのビデオオンデマンド(VOD)で、沢尻エリカ容疑者主演の映画『ヘルタースケルター』や『不能犯』が、「人気作」「人気急上昇作」として紹介されているという報告がSNSで相次いでいる。

 16日、合成麻薬MDMAを所持したとして逮捕された沢尻容疑者。以降、濃姫役で出演予定だった2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』が降板となったり、WOWOWで放送予定だった沢尻容疑者出演映画『食べる女』の放送が中止になったりなど、作品の“お蔵入り”が相次いでいる。

 こうした状況の中、ネット上では署名サイト「Change.org」で、『麒麟がくる』の収録分を予定通り放送することを求める動きが活発化。21日朝時点で署名は3万人を突破し、大きな話題となっているが――。

「現在、沢尻容疑者の代役の選考は進んでおり、『麒麟がくる』がそのまま放送されることはまずないでしょう。しかし一方、ネットで沢尻容疑者主演作の人気が高まっていることは、今後芸能界が変わるきっかけになるかもしれません。というのも、外資系VODは基本的に俳優の逮捕があっても作品の配信中止という対応はしないことから、ユーザーが逮捕をきっかけに不祥事俳優の出演作を視聴することもあり、そうした現象が相次いだことで今回、沢尻容疑者の主演作が『人気急上昇作』となったことは間違いありません。逮捕されても需要があるとなると、お蔵入りすることがむしろ反感を買うことに。今回のように、放送直前のタイミングでの不祥事も、降板させることなく、放送される日が近いうちに来るかもしれません」(芸能ライター)

 とは言え、冷静な声もあるという。

 「民放で作品がお蔵入りになるのは、スポンサーに配慮していますが、今回の大河ドラマはNHK。『スポンサーいないんだから放送すればいいじゃん』といった指摘が上がっていますが、実は一説には、お蔵入りにすることで、賠償金の計算がしやすくなるとも言われています。『麒麟がくる』の場合、すでに10話分の撮影を終えており、そのまま放送するとなるとその分のギャラを支払わなければならないことにもなり、その後の賠償額の計算が複雑に。ネットからも、『大きい賠償額払わないと、自分がやったこと自覚できないと思う』『ほかの薬物やってる芸能人への牽制になる』という声も聞かれています」(同)

 多くの人が疑問を抱いている作品のお蔵入り。果たして、いつかこの慣例が変わるときが来るだろうか――。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る