search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 勝ち組? 負け組? AKB48グループを去ったメンバーたち

勝ち組? 負け組? AKB48グループを去ったメンバーたち

 総選挙、じゃんけん大会などがゴールデンで放送されるまでに成長したアイドルグループ、AKB48グループ。海外進出まで遂げている同グループだが、そんな中、今年に入ってからも多くのメンバーが同グループを様々な理由で卒業している。“夢への通過点”とのコンセプトで活動する同グル−プ。果たして、卒業生はその後、夢へ近付く事ができているのだろうか。

 AKB48卒業生の中で一番の勝ち組といえるのは大島麻衣。一期生として加入し中心メンバーとして活動していた彼女が同グループを卒業したのは2009年4月。同年の7月に総選挙が開始され、AKB48が本格的にブレイクしたため、大島が同グループの卒業生としての恩恵を最大限受けているわけではないが、現在はバラエティ番組を中心に活動している。

 また、意外な勝ち組として話題になったのが、今年2月にスキャンダル画像が流出して活動を辞退した米沢瑠美。7月に新しい事務所と契約。舞台、ドラマの出演が決まり、8月末には、ダウンタウンDXに出演した。もちろん、問題を起こして国民的アイドルグループの活動を辞退したという、もの珍しさからの起用とも考えられるが、一部ファンからは、「AKB時代の干されポジションでは、ダウンタウンDXに出演なんて考えられなかった。ある意味で勝ち組」と話題になった。

 一方、2010年に卒業した小野恵令奈については厳しい意見がでている。第2期生として同グループのチームKのメンバーになった小野は、そのあどけないルックスから、“えれぴょん”の愛称で、当初は大島優子と並ぶ人気を得ていた。しかし、人気は徐々に後退。2010年9月に同グループを卒業。2011年7月にブログを再開。新事務所へ移籍して芸能活動を再開した。その後は、ソロシングルを発売するなど、独自の活動を続けるが、「AKB48は国民的アイドルグループと言われるまでに成長したのに、えれぴょんの活動は秋葉原でイベントをするなど、B級アイドルみたい」との評判だ。

 そして、今後、もっとも動向が気になる卒業メンバーについて、アイドルライターは、「同グループの絶対的エースとして君臨していた前田敦子だろう。彼女が女優として成功するかどうかによって、AKB48のブランド力が高まるかどうかが決まってくるはず。また、現役メンバーのモチベーションにも関わることでしょう」と語る。総勢300名近くいるメンバーが、今後、どのような人生を歩んでいくのか。“夢への通過点”とのコンセプトで活動するAKB48の本当の意味での成功は、多くの卒業生が各界で成功した時なのかもしれない。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ