【猫飼いは確認】意外と難しい!治療中の猫の食事と投薬方法

社会 2018年05月05日 12時30分

【猫飼いは確認】意外と難しい!治療中の猫の食事と投薬方法画像はイメージです

 社会現象になるほど多くの人に愛されている猫。現在、一般世帯での猫の飼育頭数は犬の飼育頭数を超えた。猫の需要は今、急増していると言っても過言ではない。

 あらゆる動物の中でもトップクラスの愛らしさを持つ猫だが、猫の飼育と決して切り離せないのが、猫の「病気問題」だ。飼い猫の病気で1ヵ月に20万円以上の治療費を支払うことになった飼い主は語る。

 「ある朝、飼い猫が急にぐったりとし、お腹に触れると痛がる素振りを見せました。慌てて病院へ行き、血液検査とレントゲンを受けたんです。その日は皮下点滴を受けて帰りましたが、家に戻っても全くごはんを食べず、部屋の隅にうずくまっていました。次の日も朝一番に病院に連れていき、静脈点滴を受けることになりました」

 猫の静脈点滴には長い時間がかかるという。朝9時に病院へ行き、夕方6時に迎えに行くスケジュールをこなした。その病院の静脈点滴の料金は税抜き7000円で、ほぼ1日猫を預けるため毎日2500円の入院費もかかってしまう。

 この飼い主の猫の場合、それが4日続いた。そのほかにも病気の理由を特定するため、時に2万円を超える検査も受けたという。しかし、大変なのは治療費だけではなかった。

 「食欲がなく、どんどん体重が減っていく猫のためにさまざまな食事を用意しました。普段は安価なドライフードですが、ウェットフードを用意したり、嗜好性の高い液体状のおやつを与えたり、ささみを茹でたり。カロリーを摂取させるためにいろんなものに手を出しました」

 しかし、猫はそのどれにも口を付けようとはしなかったという。薬を与えるのも一苦労だった。錠剤を直接口に放り込むと泡を吹き出し、粉薬を溶かした水ものをシリンジ(注射器)経由で与えても、唾液とともに全て吐き出してしまう。他の方法を考えざるを得なかったと飼い主は語る。

 「おやつが好きな猫は、粉薬を液体状のおやつに混ぜて与えると食べることがあります。中にクリームが入ったドライフードを2つに割り、中のクリームをかき出して薬を詰めたものを与える方法も考えられます。しかし、そもそも食べなければ話になりません。仕方がないので、粉薬を液体状のおやつに混ぜ、シリンジであげるようになりました」

 現在も病名は不明だが、ステロイド薬で治療しているという。ステロイドのおかげで食欲は出たものの、投薬方法はおやつに薬を混ぜるというもの。投薬には最低でも15分かかり、ただでさえ慌ただしい朝には大きな負担になるという。

 たとえ同じ種類、同じ模様だとしても猫1匹1匹に個性はある。病気になってしまったときに「猫飼い」の真価は発揮されるのかもしれない。

ピックアップ
社会新着記事

東京・日本橋 高島屋&三越による百貨店バトル
2018年11月20日 06時03分

百田尚樹『日本国紀』が「矛盾」「コピペ」騒動で大炎上?
2018年11月19日 19時03分

森永卓郎の「経済“千夜一夜"物語」亡国の外国人受け入れ
2018年11月19日 18時03分

田中角栄「名勝負物語」 第二番 福田赳夫(9)
2018年11月19日 06時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る