search
とじる
トップ > 芸能ニュース > やはりかみ合わなかった宮根&滝クリ

やはりかみ合わなかった宮根&滝クリ

 「滝クリが一番苦手な物はアドリブ。それに対して宮根は台本をほとんどみないことで知られているので、どうなることかと思っていたら、案の定、まったくかみ合ってなかった」(フジテレビのニュース番組関係者)

 4月から東京進出したフリーの宮根誠司アナウンサーとフリーキャスターの滝川クリステルが司会でタッグを組むことから注目されたフジテレビ系の情報番組「Mr.サンデー」が18日にスタートした。
 先日行われた会見には宮根アナのみが出席し、「夫婦役の寸劇をする」と満面の笑みで発表したが、番組は“宮根ワールド”全開。
 「世の中の疑問を分かりやすく紹介するコーナーでは宮根と滝クリが夫婦役。初回は帰宅した宮根がテレビでニュースを読む妻役の滝クリとやりとりしたためよそよそしかった。目玉コーナーは宮根と浅田真央がお台場デートし、宮根が浅田にプリクラ撮影をねだってはしゃいでいた。エンディングではタクシー運転手に扮した宮根と乗客の滝クリが反省会。宮根が『宮根さんはどんな人でした?』と聞くと滝クリは『台本をほとんど読まないので、どうやって進めたらいいのか…。あまりお話していないので、まだどんな人か分からない』と完全に距離を置いていた」(同)
 そのせいか、終始、宮根アナが司会をつとめる日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」でみせた宮根アナと日テレの丸岡いずみキャスターのような絶妙なやりとりは滝クリの間ではみられず、滝クリはマイペースで宮根アナの好き勝手をやらせるという展開。
 「丸岡アナに対して最初は宮根もよそよそしかったが、一気に距離を詰めて名コンビになった。すでに、そんなキャラが知れ渡っている宮根に滝クリがああいう対応をしたとなれば、今後も上手く絡むことはなさそう」(スポーツ紙記者)
 このままでは宮根アナがしっかり“夫婦寸劇”をやろうとしても空回りしそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ