search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 安室奈美恵のコラボ商品が即売り切れで炎上? 限定商品と転売問題

安室奈美恵のコラボ商品が即売り切れで炎上? 限定商品と転売問題

pic pic

安室奈美恵

 コーセーが展開する化粧ブランド、Viseeのインスタグラムが炎上している。

 Viseeは今月1日、今年9月に芸能活動からの引退を発表していた歌手の安室奈美恵とコラボして制作したアイパレット、「アイカラーパレット NA」を限定発売。全3種あるそのアイシャドウは、パッケージにも安室奈美恵の写真が施されており、パレットには安室のサインも書き込まれていた。

 安室が自らカラーをセレクトしたということもあり、発表と同時に安室ファンの女性の間ではたちまち話題に。CMも放映されファンの期待度も高まっていたのだが、発売当日、各店舗で売り切れが続出。Viseeの公式インスタグラムアカウントも1日昼頃にインスタグラムを更新し、「お知らせとお詫び」として、「『ヴィセ リシェ アイカラーパレットNA』は、おかげさまで大変ご好評をいただいております」としつつ、「限定生産ということもあり、この商品を楽しみにしていただいたにも関わらず、ご購入いただけなかったお客様、誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます」と謝罪文を掲載した。

 実は、通常のコスメ商品と同様に実店舗で販売された「アイカラーパレット NA」だが、安室とのコラボ商品かつ限定生産ということで、店舗にはいわゆる“転売屋”が殺到。大量の買い占めが起こり、購入を考えていた人の多くが手に入れることができなかったという事態が発生してしまったのだ。

 限定商品を買い占め、ネットオークションで販売する転売問題。今年4月にも京都高島屋で100体限定人形が1人によって買い占められ、のちに中国のサイトで転売されるなどの事態も起こっている。今回も限定商品ということもあり、転売されることは予想できたこと。Viseeのインスタグラムには、「販売の仕方がありえない。なぜ受注生産にしなかったんですか?オークションでひどい値段で取引されてますよ?」「1日に販売のはずなのに6月28日にはもう転売されてました。お店にもしっかり発売日を守らせてください!」「店舗によってフライング販売したり、整理券配った店舗もあったりして本当バラバラ過ぎ。個人のファンは買えないけど大勢の転売屋は買えるというシステムはどうなんですか?」といった声が殺到し、炎上する事態になっている。

 現在、ネットオークションなどでは「アイカラーパレット NA」3種セットが1万円を超えるなど、定価の倍近くで取引されているケースも少なくない。Viseeのインスタグラムには、今も再販を望む声が書き込まれているが、果たしてファンの想いは届くのだろうか――。

記事内の引用について
Visee公式インスタグラムより https://www.instagram.com/visee_kose/

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ